ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ようこそ、ハンドメイド教室紹介ポータルサイトFECYへ!

フェイスブックで新規登録 Googleアカウントで新規登録

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ログインしてお気に入りのハンドメイド教室を探そう!

フェイスブックでログイン Googleアカウントでログイン

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

初めての棒針編み〜作り目のやり方から表目・裏目まで〜

棒針二本を使って編む棒針編みは、編み物の基本です。棒針編みは作り目が編み始めとなり、表目・裏目の組み合わせで様々な編み目や編み模様を作ることができます。今回は棒針編みを始めるときに重要な基本の作り目・表目・裏目についてまとめます。
  • youtube
  • instagram
  • 棒針編みの準備

    二本の棒を用いて行う棒針編みですが、いくつかの手順があります。編み方の種類がいくつもあって、どの編み方で編みたいのかを最初に考えます。どの編み方を選んだとしても基本となるのは表目と裏目編みです。また、編み始めに重要なのが作り目です。

    必要なもの

    ・毛糸

    ・棒針

    0号〜15号の種類がありますが、初心者には細すぎず、少し太めの号数で編むと編みやすいです。

    棒針編み
    Clover 匠 12号
    編みやすい12号の棒針です。表面が滑らかに仕上げられ針先の形状が丸みを帯びており特に編みやすい棒針です。
     

    作り目のやり方

    棒針編みの編み始めである作り目ですが、作り目にはいろいろな種類があります。今回はそのうちの2種類について紹介します。

    棒針と指でかける作り目

    基本的な作り目の作り方です。動画で詳しく説明します。

    かぎ針を使う作り目

    この作り目は追加でかぎ針が必要となります。詳しい作り方はこちらの記事を参考にしてください。

     

    基本の編み目

    編み方の基本は表目(表編み)・裏目(裏編み)という編み方です。それぞれ仕上がりの編み目が異なります。

    棒針編み

    それぞれの編み方の編み方を説明します。

    表目の編み方

    表目の編み方を動画で説明します。

    裏目の編み方

    裏目の編み方を動画で説明します。

     

    表目・裏目の使い方

    表目と裏目を混ぜたり、交互にしたりするだけで色々な編み方ができます。棒針編みの主な種類を紹介します。

    ・メリヤス編み・・・表目、裏目を1段ずつ交互に編みます。

    ・ガーター編み・・・表目だけで編みます。

     

    まとめ

    棒針編みを始めるために重要な基本の作り目と表目・裏目についてまとめました。基本をマスターすると、いろいろな編み方に挑戦することができます。編み物の土台となる作り目・表目・裏目をきれいに編むことができるように何度も挑戦してくださいね。

    特集・まとめ