ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ようこそ、ハンドメイド教室紹介ポータルサイトFECYへ!

フェイスブックで新規登録 Googleアカウントで新規登録

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ログインしてお気に入りのハンドメイド教室を探そう!

フェイスブックでログイン Googleアカウントでログイン

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ビーズボールの作り方。ビーズボールを使った作品4選

ビーズ12個や30個をテグスでまとめて作ったボール状のパーツであるビーズボールは、ブレスレットやイヤリングなどのアクセサリーによく用いられています。簡単に作ることが出来、華やかになるためいろいろなものに応用できます。今回はビーズボールの作り方とビーズボールを使った作品についてまとめます。

ビーズボールとは

ビーズボールとはその名の通り、ビーズをボール状に繋げたパーツのことです。基本的にはビーズ12個を合わせて作ることが出来、アクセサリーやキーホルダーに使われることが多いです。

ビーズボール作りに必要な道具

テグス

TOHO テグス
太さ0.23mmで長さが20mのテグスです。切れにくく、適度な太さで使いやすいです。
 

ビーズ

多面的型ビーズ
24色がセットになっています。初めてビーズボールを作る方にオススメの多面的型のビーズです。
 

ビーズボールの作り方-基本のビーズ12個編-

作り方

テグスの通し方を図で説明します。

12個のビーズをこのように通します。テグスを引っ張ると丸まって球体のようになります。

1番のビーズを通ったテグスを11番と12番にそれぞれ通していきます。

同じように次のビーズ、次のビーズへとテグスを通して、球形を固定するようにします。

実際に作った写真で説明します。

4つのビーズをテグスに通します。

さらに3つ通し、四角形を2つ作るようなイメージです。

さらに3つ通し、四角形が3つできるようにします。

上下のつなぎ目のビーズを1つずつ通します。

テグスを引っ張るとボール状になります。

ビーズボールの作り方-応用のビーズ30個編-

作り方

黄色ビーズからスタートします。大変ですが、根気よく図のとおりに通してください。

前の図の続きで、オレンジのビーズからの通し方です。30個通し終わったら、テグスを引っ張ると球型に丸まります。

実際に作ってみた完成品です。

作ったビーズボールを使ってみよう

作ったビーズボールに丸カンなどの金具を付けたり、ゴムや糸を通したりするとチャームとして使えます。アクセサリーとして使った作品4選をご紹介します。

イヤリング・ピアス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

naopinko(@naopinko705)がシェアした投稿

作ったビーズボールをイヤリングやピアスにすると華やかで凝ったデザインになりますね。

ブレスレット

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Saho 🇯🇵(@amicus_beading)がシェアした投稿

30個で作るビーズボールをたくさん使うことで、存在感が出ます。作品のように落ち着いた色でまとめると大人っぽいアクセサリーができますね。

ネックレス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

naopinko(@naopinko705)がシェアした投稿

パールビーズを使うことで、式典などにも使えるような特別感のあるアクセサリーができますね。

ヘアピン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

knym54(ケイエヌ・ワイエム・メイプリル)(@knym54)がシェアした投稿

たくさんの色のビーズで作ったビーズボールを使うと、カラフルヘアピンが簡単に作れます。

まとめ

ビーズボールの基本の作り方を紹介しました。作ったビーズボールは色々なパーツとして、アクセサリーやキーホルダーに使うことが出来ます。ビーズの種類や色を変えるだけで、様々な印象のアイテムが作れます。ぜひ挑戦してください。

特集・まとめ