ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ようこそ、ハンドメイド教室紹介ポータルサイトFECYへ!

フェイスブックで新規登録 Googleアカウントで新規登録

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ログインしてお気に入りのハンドメイド教室を探そう!

フェイスブックでログイン Googleアカウントでログイン

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ポーセラーツに欠かせない白磁の特徴と選び方

ポーセラーツを始める上で欠かせない白磁選びですが、普通の白い陶器と何が違うのでしょうか?透明感があって、絵の具や転写紙の馴染みがとても良い白磁の特徴や選び方についてまとめます。
  • youtube
  • instagram
  • ポーセラーツ 白磁

    アイキャッチ出典:Amazon

    ポーセラーツに使う白磁とは

    1800年頃から日本でも日用品として白磁が使われています。日本の白磁で有名なものが「有田焼」で、有田焼の原点が中国の白磁です。熊本県の天草地方で採掘された石が主に使われていて、薄くて軽く美しい白色なのが特徴です。現在は、柿右衛門や色鍋島など様々な様式があり、有田焼は、世界的に有名なブランド「マイセン」に大きな影響を与えたと言われています。

    白磁の特徴

    白磁は、白い粘土の素地に釉薬をかけ高温で焼き上げられたもので、色は白色か乳白色、吸収性はなく透明感があり滑らかな手触りの器です。主原料は、高温での焼成に適したカオリン(石)で、さらに珪石や長石を調合し作られています。高温にするには、多くの燃料が必要となる為、世界で最も高温の1460℃で白磁を焼いているのは、日本の陶器のメーカー大倉陶園だけです。

    吸収性がなく表面がツルツルとして叩くとカンカンと高い音が鳴ることが白磁の特徴です。高温で焼き上げられるので、元々の石の硬さに近い硬さとなり、高い音が鳴ります。少しの鉄分を含む釉薬をかけることで青みを帯びていて水色に見える青白磁(せいはくじ)という種類があります。

    自然釉薬を使っているため釉薬に含まれる成分に多少違いが出てしまい、綺麗な白や青を出すためには技術が必要で、白と青の出方にも一つ一つに個性が出ます。器選びの際には色の出方で選ぶのも楽しいと思います。

     

    白磁の購入場所

    ポーセラーツに欠かせない白磁は、食器専門店だけではなく量販店や通販などで低価格で購入する事が出来ます。また、最近では、100円ショップでも白磁の器が購入出来ます。しかし、100円ショップで購入した白磁の場合は熱に弱いものが多く、焼成した際に溶けて窯にくっついてしまったり、器が収縮してしまう等、仕上がりに影響が出てしまう事があるため注意が必要です。

     

    白磁の選び方

    ポーセラーツ初心者でも作りやすい白磁から、アレンジにおすすめの白磁についてご紹介します。

    初心者におすすめの白磁

    初心者の方には、お皿やソープディスペンサーなど凹凸の少ない平面のものがおすすめです。平面の方が転写紙を貼りやすく、貼った時に行う空気を抜く作業もしやすい為、綺麗な仕上がりになります。少し大きなものだと、ティッシュケースやお重があります。お重には段があり、転写紙を貼る作業も多くなりますが、形はシンプルなので初心者でも安心です。お重は、段によって柄を変えるアレンジも人気です。

    1、タイル

    ポーセラーツ 白磁
    陶芸用 白磁器 ホワイトタイル
    白磁器の148mm×148mmタイルで、インテリアとして飾るパネルを作ることができます。
     

    2、プレート

    ポーセラーツ 白磁
    白磁 プレート
    美濃焼プレートで平面プレートのため初めての方でも簡単に転写紙を貼ることができます。
     

    3、皿

    ポーセラーツ 白磁
    白磁器 メタ皿
    上絵付け用の白素地磁器です。表面は平滑で上絵付け向けの皿です。
     

     

    4、六角形

    ポーセラーツ 白磁
    多用鉢 白磁
    白磁器の六角形の皿です。全ての面が平らなので、初めての方でも比較的取り組みやすい形です。
     

     

    5、ドック皿

    ポーセラーツ 白磁
    白磁ペット食器
    内側は透明釉薬使用しており安心して使うことができ、底部分も側面にもポーセラーツをしやすいデザインです。
     

     

    ポーセラーツに慣れてきたらおすすめの白磁

    ポーセラーツに慣れてきたら、少し深めの白磁や凹凸の多いものに挑戦することをおすすめします。転写紙を貼り付ける際に空気が入りやすかったり、まっすぐに貼り付けることが難しいですが幅が広がりますので、ぜひ挑戦してください。

    1、ボウル

    ポーセラーツ 白磁
    リベルタ (liberta) 18cmボウル
    深めのボウルで、傾斜が付いている曲線上の面のため少し難しいですが、大きさもしっかりしているため挑戦しやすいボウルです。
     

     

    2、くま型

    ポーセラーツ 白磁
    K’sキッチンくまプレート
    耳の部分が曲線が多くなっていますが、プレート部分自体は平面のため挑戦しやすい形です。
     

     

    3、星型

    ポーセラーツ 白磁
    星形 プレート
    星型は尖っている部分が多いため難易度が高いです。ポーセラーツ上級者におすすめです。
     

     

    4、レンゲ

    ポーセラーツ 白磁
    レンゲ 10本セット 白磁器
    レンゲは形自体がとても複雑という訳ではないですが、サイズ的に小さいため扱う難易度が高くなります。
     

     

    5、フォームボトル

    ポーセラーツ 白磁
    LOLO キッチンフォームボトル
    美濃焼のフォームボトルです。円柱型のボトルは難易度が上がりますが、フォームボトルはポーセラーツがとても映えるものの一つです。
     

     

    6、マグカップ

    ポーセラーツ 白磁
    陶芸用 白磁器 白マグカップ
    白磁器のマグカップはコップ部分にポーセラーツを施すだけでなく、持ち手部分のアレンジも楽しむことができます。
     

     

    7、ティーカップ

    ポーセラーツ 白磁
    ポーセラーツ 白い食器
    食器の中で難易度が高いものとしてティーコップがあげられます。持ち手も細く、形も特殊なため難しいですが、オリジナルティーセットはとても素敵な仕上がりになります。
     

     

    青みがかった青白磁

    真っ白な白磁以外にも挑戦したいという方にオススメなのが少しの鉄分を含む釉薬をかけて青みがかった青白磁です。

    ポーセラーツ 白磁
    青白磁
    白磁と同様に転写紙などが映える陶器です。真っ白な陶器だけでなく少し色が欲しい方におすすめです。
     

     

    色々な白磁器の使用例

    様々な白磁器へポーセラーツを施した作品について紹介します。アレンジの参考にしてください。

    平面が多い白磁

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    K🐈🐾(@k.s_porcelarts)がシェアした投稿

    平面が多いおしぼりトレーは挑戦しやすい白磁の一つです。ヨーロッパで流行したシノワズリ風のおしぼりトレーは、転写紙を貼るバランスを少し変えているので、同じ柄でも少し違った印象になっています。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    carpe diem(@tsuda.maiko)がシェアした投稿

    平べったく大きなお皿も挑戦しやすい白磁の一つです。柄とイラストにイニシャルがデザインされています。イニシャルが入ることでオリジナル感が出て、プレゼントにぴったりです。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    atelier crescent(@atelier_crescent_collection)がシェアした投稿

    立体感のある皿ですが、一面一面は平面のため転写紙が貼りやすい白磁です。兜やこいのぼり等、こどもの日にぴったりのデザインを組み合わせる事で行事を楽しめる素敵なプレートになっています。

    曲線が多い白磁

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    村上留美子(@atelierruru)がシェアした投稿

    慣れてきたら挑戦したいお茶碗です。ミモザの転写紙で春らしい作品になっています。季節の花の転写紙を使えば、季節感も楽しむ事が出来ます。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    etsu(@etsuko.y912)がシェアした投稿

    筒型の白磁は全体が曲線のため難しいです。作品はアロマディフューザーで、蓋の部分にまでポーセラーツが施されており、こだわりの詰まった作品です。

    特殊な形の白磁

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    ポーセラーツ/アルコールインク 晴色~Haru iro~(@haru_iro_porcelarts)がシェアした投稿

    くまの形をした白磁です。耳の部分の出っ張りなど難しいデザインです。作品は風船やガーランド等、子供の食器にぴったりの柄を少しずつ組み合わせて全体的にバランスよく配置しています。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    村上留美子(@atelierruru)がシェアした投稿

    卵型の白磁です。丸い卵も難しいですが割れた卵型の白磁へのポーセラーツも難しいですが、作品のように綺麗な仕上がりになるとイースターの飾りやインテリアとして使うことができますよ。

    まとめ

    ポーセラーツに欠かせない白磁について選び方や作品集をまとめました。白磁には、中国からの長い歴史があり、多くの職人が美しさを求めて制作されてきた陶器です。その美しさと転写紙を上手く組み合わせて仕上げていくのも、ポーセラーツ制作の魅力の一つです。店舗でも通信販売でも、様々な種類の白磁が販売されていますが、ポーセラーツは形を問わず楽しむ事が出来ます。インテリアに合わせたり、季節や行事ごとのデザインなど、作り始めてみるとシンプルなデザインから華やかなものまで、作品の幅はどんどん広がっていきます。まずは、シンプルな形の白磁から、ポーセラーツ作りを楽しんでみて下さい。

    特集・まとめ