ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ようこそ、ハンドメイド教室紹介ポータルサイトFECYへ!

フェイスブックで新規登録 Googleアカウントで新規登録

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ログインしてお気に入りのハンドメイド教室を探そう!

フェイスブックでログイン Googleアカウントでログイン

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

レジンを型取ってアクセサリーを作ろう!オススメの型取り15選も♪

レジンでアクセサリー作りをするなら、型取りは必須作業です。また昨今のレジンブームで、嬉しいことに可愛く型取り出来るアイテムがたくさん出てきてます。今回は型取りアイテムを使ったレジン製作と、オススメの型取りアイテムを紹介します。皆が作りたかったあの形も絶対見つかりますよ♪
  • youtube
  • instagram
  • レジンの型取りに最適なモノ

    “おゆまる”で自在に型取りしよう

    おゆまるは熱を加えることで柔らかくなり自由に造形できるプラスチック粘土です。この粘土を使って型取りのための抜き型を作ることができます。

    まずは、原型になるものを用意します。硬さのあるものならなんでも大丈夫なのでチャームや小物などを用意しましょう。

    おゆまるを80度のお湯に3分浸け、柔らかくしたら原型をおゆまるに押し当ててそのまま冷やします。常温になるまで冷えるとおゆまるは元の硬さに戻るので原型を外すと抜き型が完成します。

    そこへUVレジンを流し込んで硬化させると原型の複製を製作できます。

    何度も複製するとUVレジンの硬化時の熱で型が崩れてくるので、その時は再度おゆまるをお湯で温めて柔らかくし、型を取り直す事が出来ます。

    何度でも型を作り直せるところ、自由な形の型を作れるところが、おゆまるのメリットです。

    おゆまる
    おゆまる
    おゆまる単色クリア(6個入り)
     

    シリコンモールドがオススメ

    一度に沢山の複製を作りたい場合や、綺麗に仕上がる型が良い場合、または抜き型を製作するのが手間になる場合は既製で販売されている型を使うことをおすすめします。既製の型は劣化に強く精度も高いため、質の良い複製を多く作ることができます。

    ただし、UVレジンを使用する際はどんな型でも良い訳ではなく、いくつかの条件があるので、以下の点に注意して探してください。

    まずはシリコン製であることです。型となる素材は型から綺麗に複製を取り出せなくてはいけないため、硬化時UVレジンに食いついてしまわない素材である必要があります。その中でもシリコンは特にUVレジンから離れやすく、柔らかい素材なので複製を型から取り外しやすいメリットがあります。

     

    ayumiさん(@ayumi7315)がシェアした投稿

    もう1つは半透明であることです。UVレジンは紫外線を当てることで硬化する人工樹脂なので紫外線の光が樹脂にしっかり届かなくてはいけません。厚みのある作品を作る時は特に中心部に光が届きにくいため、なるべく全方向から十分な光が当たる必要があります。

     

    なぽりさん(@napopasta)がシェアした投稿

    不透明な型を使うとどうしても光が当たる量が減ってしまい、樹脂に未硬化部分を作ってしまいます。未硬化部分が残っていてそれが直接肌に触れるとアレルギーを起こす等、トラブルの原因にもなりますので、十分に光を当てられる透明の型を使う必要があります。

    質の良い、綺麗でしかも安全な作品を作るために、この2点には特に注意して選んでください。

    シリコンモールドを使ったアクセサリー製作

    それでは実際に既製のシリコンモールドを使用してアクセサリーを製作してみましょう。今回はブローチを作ってみたいと思います。

    使用する型取りアイテム

    今回使用するシリコンモールドは株式会社エンドレス(PARTS CLUB)から販売されているシリコンレジン型オーバルを使用します。

    PARTS CLUBで販売されているシリコンレジン型シリーズは手芸店で販売されているモールドの中では比較的安価に手に入れられる点と型自体が小型に出来ているため作業しやすい点、そして多種多様な型が用意されているため好みの型を選んで購入できるという点がメリットです。

    レジン・アクセサリー製作 “材料&道具”

    • UVランプ
    • シリコンモールド
    • ネイルスティック
    • ピンセット
    • ゴム手袋
    • ダイヤモンドヤスリ
    • UVレジン
    • 封入したいチャーム
    • 造花ピン
    • (必要に応じて)レジン着色剤

    以上の道具と材料があれば十分です。ほとんどがホームセンター、100円ショップ、手芸店のいずれかで購入できるものですが、どうしても見つからない場合にはインターネットで検索して購入してみましょう。

    シリコンモールドにレジンを流し込む

    それでは実際に製作してみましょう。シリコンモールドにレジンを直接流し込みます。チャームを入れる分と仕上げに再度レジンを投入する分を考えて全体の3分の1程流し込みます。型にUVレジンが入っているボトルのノズル先が当たると気泡が発生してしまうので、ノズル先が型に当たらないように空中からレジンを流し込みます。

    封入したいチャームを型の中に並べる

    投入したレジンは硬化させないまま、中に封入したいチャームをその上にネイルスティックやピンセットを使って並べていきます。

    封入物は液体でないこと、レジンから離れやすい素材でないこと(シリコン製やポリプロピレン製など)、生ものでないことを守れば様々な素材を封入出来るのでお好みのものを選んでください。

    チャームは見せたい面の裏側を上にして並べていきます。並べ終わったら一度UVランプに当て硬化させます。

    必要に応じて着色レジンを投入する

    チャームだけでも十分に見栄えのするアクセサリーを製作できますが、レジンに着色しても美しく独特な作品を作ることが出来ます。お好みに合わせてレジン用着色剤を使って着色レジンを作り、投入してみてください。

    単色を全面に投入するとイメージが重くなる場合もあるので、その時は全体の一部だけ着色する、グラデーションにする等の工夫をしてみると面白いでしょう。

    着色が終わったら再度UVランプで硬化させます。

    再度透明レジンを投入する

    レジンが硬化したら再度透明のレジンを投入します。

    型のすり切りいっぱいまで気泡が入らないように注意しながらレジンを流し込みます。

    UVランプで完全に硬化するまで、しっかりと紫外線を当てます。

    型から取り出す

    しっかりと硬化したら型から取り出します。

    淵のバリをダイヤモンドヤスリで削って滑らかにします。

    削った部分のザラつきや不透明感が気になる場合はその部分を軽く筆でレジンを塗って硬化させてください。

    造花ピンを取り付け完成

    本体の裏側に薄くレジンを塗って上から造花ピンを置き、UVランプを当てて仮固定します。

    動かない程度に硬化したら造花ピンの板の部分を本体に埋め込む要領で上からレジンを塗り固定します。

    造花ピンの稼働部分にレジンが付くと固まって動かなくなってしまうので、レジンをかける部分は板の部分だけにします。

    レジンが完全に硬化するまでUVランプを当てたら完成です。

    後処理(型の掃除)

    作品製作後は型の掃除を必ずしましょう。レジン型に残ったカスや汚れは次の製作時に作品の質の低下を引き起こしたり、型の劣化を招く事になります。

    良い作品を作るため、長く型を使い続けるために型の掃除は必ず行なってください。

    基本は水洗い

    シリコンはアルコールを使うと劣化しやすいため、基本は水洗いです。ぬるま湯でゆっくりと汚れを取り除いてください。水分が残ったまま次の製作に入るとレジンの未硬化を引き起こす原因になるので水分はしっかり拭き取り乾燥させてください。

    どうしても汚れが落ちない時は

    埃やカスがどうしても落ちない時には型の表面全体に薄くUVレジンを塗ってUVランプに当てて硬化させます。しっかり固まったところでUVレジンを剥がすと汚れも一緒にレジンにくっつき落とすことができます。

    ただし、この方法は頻繁には行わないようにしてください。型でUVレジンを固める度に型は少しずつ劣化していきます。型は半永久的に使えるわけではなく、ある程度使用すると型から本体が外しにくくなり使えなくなってしまいます。型の寿命を少しでも伸ばすために不要なレジンの硬化はなるべく避け、どうしてもゴミが取り除けない時の最終手段として使用してください。

    レジン専用の型取りアイテム15選

    ここではおすすめのシリコンモールドをご紹介します。シリコンモールドは複数のメーカーから多種多様な形のものが販売されています。参考にしていただき、ぜひ貴方に合った型を見つけ作品の幅を広げてみてください。

    丸型・三角型・四角型

    シリコン モールド 【ビーズ型 球体 2個セット

    UVレジン、エポキシ樹脂、樹脂粘土などに ご利用いただけるシリコン型。ネックレスなどのアクセサリーのパーツに最適です。

     

    半球ではなく最初から球体に近い状態で製作出来るモールド。立体的なペンダントのトップや小さい球を使えばピアスやイヤリングのチャームとしてもピッタリです。全方向から光を取り込むためキラキラと輝くチャームを製作できます。

    プチ ジュエリー シリコンモールド

    小さめのシリコンプレートプチサイズの型が詰まっています。丸やオーバル、四角に三角のベーシックな形に ハートや星なども・・・ミニサイズですので、ネイルやアクセサリーにぴったりです。
     

    丸や四角といったいろいろな形、サイズがひとつになっている型。作業時にUVランプの出し入れに少し手間取る場合もありますが、様々なアクセサリー製作でその時作りたい形に柔軟に対応できるところが大きなメリットです。

    文字型

    数字型 シリコンモールド

    サイズ:約30mm×40mm
     

    数字の型のモールド。ポップな字体がとても目立ちます。ペンダントのトップとして製作しても存在感を発揮する型です。

    アルファベット型 シリコンモールド
    サイズ:43mm×20mm
     

    アルファベットの文字型。イニシャルのアクセサリー製作にとても便利。自分の気に入った文字から順番に集めていくのがおすすめです。

    動物型

    シリコンモールド 【 猫 & 肉球 】

    UVレジン、エポキシ樹脂、樹脂粘土などに ご利用いただけるシリコン型。

     

    猫の顔と肉球の型のモールド。チャームとして製作するだけでなく、着色すればレジンの中に入れる封入物の製作にも使えます。個性を出すにはとても優れた型です。

    座りクマ (4種全種類セット)

    クマちゃんがお座りしているかわいいモールドになります。こちらのシリコンモールドはネックレスやキーホルダーの制作に最適です。 透かしパーツやホロ・ラメを一緒に封入すると、綺麗な仕上がりになります。
     

    可愛いくまの形のシリコンモールド、大きさも複数種類があって使用用途に合わせて大きさを変えられるのが嬉しいです。型も1つずつ独立しているのでコンパクトで、UVランプの出し入れなど製作しやすい作りです。

    宝石型

    巨大ダイヤモンド型(直径:約28mm) 

    UVレジン液、アイスレジン、エポキシ樹脂用シリコン製モールド!巨大なダイヤモンドができちゃうクリスタルストーン型!

     

    レジンで作る巨大ダイヤモンド!自分の好きに色付けしたダイヤモンド型が手に入ります。大きいため、硬化させるときは通常より長めの時間が必要なので注意してくださいね。

    宝石型10種類セット
    ハートや雫、四角、丸型、ダイヤなど10種類の小さなジュエリー型で自分だけの宝石を作ろう!表面はクリスタルカットで鏡面タイプ。
     

    天然石風の造形ができる型。色のアレンジで様々なフェイクストーンが作成できます。

    指輪型

    パジコ ソフトモールド リング

    レジンや粘土の型抜きに使用できる、柔らかい素材のモールドです。 紫外線を通す透明なモールドなので、UVレジンがきれいに固まります。
     

    指輪のリングが製作出来る型。リング部分も専用のモールドを使用すると簡単に製作することができます。シンプルな分、アレンジの効くモールドです。

    ネコ耳・ウサギ・天使の羽・悪魔の羽・ユニコーン・犬・鹿の角
    動物の形をモチーフにしたレジン型取り用。
     

    リング部分とチャーム部分が一体型で一気に製作出来るモールド。二つのパーツを別々に作って接着するのは手間になり、美しく接着することも難しいので、このような個性的な作品をパーツを分けることなく製作できるのはとても便利です。

    植物・花型

    プルメリア フラワー型

    立体型のフラワーが作れるプレスタイプのシリコンモールドです。中心のホール部分にペップ(花芯)を挿したり、くぼみ部分にパールビーズやラインストーンでデコレーションするとより可愛く仕上がります。
     

    サイズの種類が多いお花のモールド。メインの造形の製作から、サブのチャームの製作までサイズを変えて製作できるところが嬉しいです。ちょっとしたチャームも自作できるとオリジナル性がアップしますね。

    6花弁 フラワー型

    立体型のフラワーが作れるプレスタイプのシリコンモールドです。中心のホール部分にペップ(花芯)を挿したり、くぼみ部分にパールビーズやラインストーンでデコレーションするとより可愛く仕上がります。
     

    花弁を意識して作られているモールド。薄型の作品が出来上がるので色々な色の花弁を作って、後でレジン同士を接着すれば型だけにとらわれないオジリナリティ溢れる作品を作ることも出来ます。

    バラ4種

    4サイズのバラが作れるため、用途に合わせて作れます。
     

    リアルな花の造形ができるモールド。本物に近くとてもリアルな型を使うと大人っぽい作品を製作できます。存在感があるのでブローチなどワンポイント用のアクセサリー製作に向いていますね。

    まとめ

    主にシリコンモールドを使った型取りによるUVレジン製作は、枠を使用した製作に比べて立体的な製作が可能になります。シリコンモールドも以前に比べて取り扱っているメーカーもお店も、手頃なところでは100円ショップから、より本格的なものは手芸店で

    とても多くの形や大きさを探しやすくなりました。

    中にはオリジナルの型の製作販売を行なっているクリエイターさんまで登場し、モールドでの製作の可能性が広がっています。

    型取りで製作したパーツ同士をレジンで接着して組み合わせることにより、単なる複製の域を超えたオリジナル性の高い作品の製作も可能です。

    枠を使った平面的な作品に飽きてきている方、より立体的な造形に興味のある方は是非型取りによる製作にチャレンジしてみてください。

    シリコン型は残念ながら半永久的に使えるものでなく、使用と共に劣化してしまいますが、毎回のお手入れを欠かさず行うことによって型の寿命は何倍にも伸びます。本格的な型ほど高価になりますので、使用後のお手入れはしっかりと、型を大事に扱ってあげてくださいね。

    特集・まとめ