ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ようこそ、ハンドメイド教室紹介ポータルサイトFECYへ!

フェイスブックで新規登録 Googleアカウントで新規登録

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ログインしてお気に入りのハンドメイド教室を探そう!

フェイスブックでログイン Googleアカウントでログイン

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

赤ちゃんのマストアイテム!いろいろなスタイの作り方

ミルクや食事・よだれから洋服を守ってくれるスタイは赤ちゃんの必需品で、よだれかけやビブとも呼ばれます。スタイは比較的小さく、縫う場所も多くはないため、ミシンがなくても手作りしやすいアイテムです。お子様にあった布を選んで、好きな形のスタイを作ることができます。今回はスタイの種類や作り方についてまとめます。
  • youtube
  • instagram
  • スタイ

    スタイとは

    スタイとはよだれかけやビブとも呼ばれる、まだうまく口を閉じたりミルクを飲んだりできない赤ちゃんのよだれや食事による汚れから服をガードするための、赤ちゃんのマストアイテムです。スタイはいろいろな種類があり、赤ちゃんのおしゃれファッションアイテムでもあります。

     

    材料・おすすめの布地・留め具

    スタイを作る材料

    ・本体の生地

    生地のオススメはガーゼ、タオルやワッフル生地といった吸水性にすぐれ手触りのよいものです。手ぬぐいや、Tシャツ素材、コットンなどでもよく作られます。

    ただし水分がしみこみすぎて服が濡れてはスタイの意味を成しません。予防策として、表には吸水力のある素材、裏を撥水性のある素材や厚めの生地にして染み込みを防いだり、生地を3重にしたり、布の間に防水布をはさむなどといった方法があります。

    スタイ
    ダブルガーゼ生地
    赤ちゃんの肌に優しいダブルガーゼ生地です。薄いブルーの長さ1mの大きさです。
     

     

    ・スタイを固定するための留め具

    留め具はマジックテープやスナップボタンやリボンが着脱も簡単でオススメです。スナップボタンは金具の他にプラスチックのものもあります。

    スタイ
    Tachiuwa リボン 手芸
    丈夫な素材で6色から選ぶことができるリボン紐です。
     

     

    スタイ
    ECPAW 両面テープ付きマジックテープ
    防水タイプのため、洗濯することができます。
     

     

    スタイ
    LIHAO プラスナップ プラスチック スナップ ボタン
    プラスチック製のスナップボタンです。金属アレルギーの赤ちゃんにも安心して使うことができます。
     

    ・バイアステープや飾りボタンなどお好みの飾り

    ・裁縫道具

    手作りスタイの種類

    スタイは形やデザインなど様々なものがあります。主なスタイの種類を紹介します。

    基本のスタイ

    スタイ

    基本の形です。下をポケットのようにして落ちた食べ物をキャッチするように作り変えることもできます。

    タマゴスタイ

    スタイ

    玉子型の楕円形をしています。

    円形(まんまる)スタイ(ドーナツスタイ)

    スタイ

    首周りを一周する、つけ襟形のスタイです。縁を丸く型どることで、お花スタイにも応用できます。

    バンダナスタイ

    スタイ

    バンダナのように着けられるスタイ。機能性とおしゃれを兼ね備え、男女どちらにも使える点もすぐれものです。

    その他

    型紙付きのキットではこだわり強いアイテムを作ることができます。

    KIYOHARA me-in beby こぐまのポードレススタイキット
    ワンピース型のスタイを作ることができるキットです。
     

     

    スタイの作り方

    基本のスタイ

    スタイ

    同じ大きさの布を2枚用意します。周りをコの字縫いで縫っていきます。

    スタイ

    紐を間に入れて縫っていきます。

    スタイ

    完成です。

    タマゴスタイ

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    Chiem(@pyokonta)がシェアした投稿

    1、生地を中表(後で表になる面同士を合わせること)に2枚重ねにして布地を合わせて輪っかに折り、待ち針で留めます。とった型の周囲を、外側1cmほど残して布を裁ちます。これが縫いしろです。

    2、返し口(内側になった表面をひっくり返す部分)を5cmほど残して、型紙にそって縫っていきます。ミシンでもよいのですが、縫う場所はそれほど多くないので手縫いでも。

    3、縫い終わったらエプロン部分や首部分の、カーブになっている部分に小さく切れ込みを入れていきます。生地にあそびができるので、表に返す時に動かしやすく、また布がごわつきにくくなります。返し口から生地を表に返し、返し口をまつり縫いで縫い閉じます。

    4、返した生地をアイロンがけします。

    5、首部分に留め具をつけて完成。

     

    円形(まんまる)スタイ(ドーナツスタイ)

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    Chiem(@pyokonta)がシェアした投稿

    <型紙の作り方>

    直径35cmの円を作り、外側のはしから10cmを残して丸くくり抜きます。写真ではA4用紙に1/4の扇型を2枚作って半円の形に貼り合わせています。半円形の型紙のはしを斜めに切り落とします。ドーナツ型のはしが切れた形になります。スタイの長さは完成後ボタンの位置で調整できるので、切る幅はある程度で大丈夫です。

    <本体の作り方>

    1、型紙に合わせて生地を2枚裁断し、中表に合わせます。

    2、返し口を5cmほど残して一周ぐるりと縫い合わせ、返し口から生地を表に返し、まつり縫いで縫い留めます。

    3、表に返した生地にアイロンをあて、生地をしっかりと落ち着かせます。ここでもう一周押さえミシンをしてもよいですが、形が全体的に曲線なので縫い目がゆがまないように注意が必要です。

    4、留め具を赤ちゃんの首回りに合わせてつけます。ここでは長さ調節のしやすいマジックテープをつけることにしました。柄違いの布を合わせたので、リバーシブルのスタイとしても使えます。好みでワンポイントの飾りなどを入れて完成。

     

    バンダナスタイ

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    Chiem(@pyokonta)がシェアした投稿

    1、生地を25cm×25cmで2枚用意します。柄同士を合わせるように、中表に合わせます。

    2、返し口を5cmほど残して、生地の橋から0.5~1cmのところを、ぐるりと一周縫いあわせます。

    3、返し口から内側の表面を引っ張り出して表に返し、返し口をまつり縫いで縫い留めます。

    4、対角線で向かい合う二つの角にスナップボタンを取りつけます。

    5、三角に折りたたんで、スナップボタンを留めたら完成です。

     

    スタイの作品集

    タマゴスタイ

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    toppo(@toppocat)がシェアした投稿

    柄違いの生地を2枚合わせたリバーシブルのスタイ。その日の服装や気分に合わせて、おもて面を変えることができます。

    円形スタイの花形、星形アレンジ

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    𝕄𝕒𝕚𝕥𝕒𝕞𝕒☻⃝マイタマ(@maitama____)がシェアした投稿

    基本の円形スタイから外側の縁の形をアレンジ。花びらのようなお花スタイ、星のようなギザギザスタイなどがあります。

    バンダナスタイ

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    mami(@atelier.itobana)がシェアした投稿

    ハンカチからリメイクしたバンダナスタイ。直線で作るので初心者にも作りやすい形。刺し子刺繍の模様を入れてもおしゃれです。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    sachi(@sachi_2525baby)がシェアした投稿

    自分の好きな色や柄の生地で、オリジナルスタイになります。デニム生地をチラッと見せるデザインが素敵ですね。

    ウサギスタイ

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    mana(@__mm.baby__)がシェアした投稿

    よだれを拭き取る部分を可愛いウサギにしたスタイ。いろいろな動物の顔で作れば、赤ちゃんも喜びそうですね。

    おしゃれスタイ

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    和栄(@nukutoii)がシェアした投稿

    襟付きのスタイです。襟を付けると首元が華やかになり、赤ちゃんのかわいい首をますます際立たせそうですね。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    nana100ton(@nana100ton)がシェアした投稿

    星型のスタイです。ドーナツ型を作るときに布の形を変えるといろいろな形のスタイに変えられます。星の先にポンポンを付けることでさらに可愛いですね。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    chocolat*スタイやベビー雑貨のお店です♡(@maaaa.y.a)がシェアした投稿

    タキシード型のスタイです。襟に蝶ネクタイボタンとこだわりが詰まった作品ですね。背中に羽が生えたように見える作りもかわいいですね。

    まとめ

    ハンドメイドで作るスタイをご紹介しました。赤ちゃんは一人一人が個性的で「こういうのほしい」と思っても、お店では理想通りの物が手に入らない時があります。スタイも、使う人によってほしい形や色、デザインは様々ですので、お店にないなら作ってみるというのは一つの方法です。スタイは型紙通りでなくても、味が出るハンドメイド品です。ぜひ手作りで自分流のオリジナルスタイを作ってください。

     

    特集・まとめ