ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ようこそ、ハンドメイド教室紹介ポータルサイトFECYへ!

フェイスブックで新規登録 Googleアカウントで新規登録

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ログインしてお気に入りのハンドメイド教室を探そう!

フェイスブックでログイン Googleアカウントでログイン

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ポリマークレイでハンドメイド!種類や使い方、作り方のポイント

ドイツ発祥の樹脂で出来たクラフト用粘土「ポリマークレイ」はオーブンで焼いて硬化させる粘土です。加熱後はプラスチック素材となって、アクセサリーやキーホルダー、インテリアにも使うことが出来ます。今回はポリマークレイの種類や作り方についてまとめます。
  • youtube
  • instagram
  • ポリマークレイ

    ポリマークレイとは

    ポリマークレイはドイツ発祥の樹脂のクラフト用粘土です。ヨーロッパやアメリカで大人気のハンドメイドです。商品によりますが、110~130℃のオーブンで20~30分焼くことで、軽くて耐水性のあるプラスチック素材になりアクセサリーやキーホルダーなどに使うことが出来ます。着色したり、クレイ同士を混ぜたりして様々なアレンジをすることが出来ます。

    ポリマークレイの代表商品3種類

    ポリマークレイの代表的な3種類の商品を紹介します。

    FIMO

    FIMOシリーズはいくつもの種類に分かれているポリマークレイの代表格です。ポリマークレイの中では低音の110℃のオーブンで20~30分焼くことで硬化します。そのため、色の変化や収縮が少ないことが特徴です。

    1、FIMO SOFT

    FIMOの種類の中で基本的な商品で、柔らかくこねやすいです。初心者にオススメです。

    ポリマークレイ
    FIMO SOFT
    柔らかくこねやすいポリマークレイです。
     

    2、FIMO EFFECT

    半透明カラーやラメ入り、パステルカラー、ネオン、蓄光など変わった色や種類のポリマークレイです。

    ポリマークレイ
    FIMO EFFECT
    半透明やラメなど一味違ったポリマークレイです。
     

    3、FIMO PROFESSIONAL

    SOFTとは違い固さがあり、こねる時は大変ですが焼き上がりがしっかりし、壊れにくいです。

    ポリマークレイ
    FIMO PROFESSIONAL
    細かい部分も表現しやすい固さがあり、壊れにくい焼き上がりです。
     

    4、FIMO Kids

    子供がこねやすいように柔らかいポリマークレイです。

    ポリマークレイ
    FIMO Kids
    柔らかくこねやすい6色がセットになったポリマークレイです。
     

    5、FIMO LEATHER

    焼き上がりがまるで革製品のようになるポリマークレイです。

    ポリマークレイ
    FIMO LEATHER
    仕上がりが革製品のようになるポリマークレイです。
     

    premo!Sculpey

    プレモはこねやすく弾力があり、薄く伸ばしやすいことが特徴です。色のバリエーションも40色以上あります。130℃で30分焼くことで硬化しますが、硬化後も適度に弾力が残ります。

    ポリマークレイ
    premo!Sculpey
    焼いた後にも適度に弾力が残ることが特徴のポリマークレイです。
     

    Kato polyclay

    ケイトポリクレイは色がきれいで、仕上がりに艶が出ることが特徴です。加熱後も弾力が残るため、強度も高く耐久性に優れています。130℃で30分焼くことで硬化します。

    ポリマークレイ
    kato polyclay
    発色がキレイで仕上がりの艶が特徴のポリマークレイです。
     

    ポリマークレイの作り方

    作り方

    1. ポリマークレイをよく練ります。
    2. 丸めます。
    3. 色を混ぜたい時は混ぜます。
    4. 型取ります。
    5. オーブンで焼きます。

    型取りには専用の道具を使うことが出来ます。市販のクッキー抜きなどでも応用できます。

    ポリマークレイ
    FIMO ポリマークレイ型
    FIMO特製の型抜き機です。
     

    きれいな作品にするポイント

    • 粘土に熱を加えすぎてしまうと、こげてしまったり、塩化水素を含んだ刺激性のガスが発生してしまいます。熱を加える時間は商品ごとに違っているため、説明書を通りに熱することが大切です。
    • よく練って、型を抜く前に丸めるとヒビや空気の穴が少ないきれいな作品ができます。

    作る際の注意点

    • 電子レンジは、絶対に使わず、オーブンを使用します。
    • 作成する過程で発生するガスは吸わないように、換気します。
    • 熱をかけると高温になるため、作品を取り出す時にやけどをしないようにグローブなどを使用します。

    保存方法

    • 高温に弱いため、直射日光や高温になる場所を避け15~28℃に保管します。
    • 一度封を開けたポリマークレイを保管するには、ラップやクッキングシートなどに包み暗冷所で保管すると変わらず使うことができます。

    ポリマークレイの作品8選

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    La casa de Rie(@la_casa_de_rie)がシェアした投稿

    ポリマークレイで作ったアクセサリーです。ポリマークレイを重ねて形作ることで、立体感を出すことができ、葉や花びらまでリアルに再現されている作品ですね。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    みもみよ 本山よしこ(@mimomiyo)がシェアした投稿

    とんぼ玉です。まん丸くすることはなかなか難しいです。この作品はさらに白で模様をつけており上級者作品ですね。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    R(@rk_s_miniature)がシェアした投稿

    生クリームと絞り袋の作品です。パステルカラーでリアルですね。この作品だけでもかわいいですがフェイクスイーツ作りにも応用できますね。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    yuk*Kunst(@yukaelleitoh)がシェアした投稿

    ポリマークレイで作った帯留め作品です。和雑貨にも変身できるポリマークレイはマルチアイテムですね。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    Nanako | Polymer Clay Artist(@nanakos.world)がシェアした投稿

    くまの置物です。質感などがきれいに出ており、素敵な作品ですね。ポリマークレイは様々な色合いを出せるため、他の動物にも応用できますね。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    みもみよ 本山よしこ(@mimomiyo)がシェアした投稿

    ポリマークレイで作ったきのこです。野菜や食事もポリマークレイで再現することができます。房の部分の模様にまでこだわった手の込んだ作品ですね。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    手作りビーズ KyokoBaaba (きょうこバアバ)(@kyokobaaba)がシェアした投稿

    ポリマークレイの透明感を生かした金太郎飴のような作品です。ポリマークレイの中に花型のポリマークレイを練りこむ高度な技術です。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    HeavenlyCake miniatures(@heavenly_cake)がシェアした投稿

    チョコレートケーキかと思いきやフェイクスイーツです。本当にリアルで、美味しそうな作品ですね。中の一層一層やスポンジのポロポロした質感まで再現されているポリマークレイの良さを最大限に引き出した作品ですね。

    まとめ

    ポリマークレイの種類、作り方、作品についてまとめました。色も多彩で混ぜることで自分だけの色を作り出すことも出来るポリマークレイはお子さんでも楽しめるハンドメイドです。レザーやラメ入りなど変わったポリマークレイを使って本格的な作品を作ることもでき、幅広く楽しめます。ぜひ挑戦してみてください。

    特集・まとめ