ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ようこそ、ハンドメイド教室紹介ポータルサイトFECYへ!

フェイスブックで新規登録 Googleアカウントで新規登録

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ログインしてお気に入りのハンドメイド教室を探そう!

フェイスブックでログイン Googleアカウントでログイン

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

すけるくんの特徴・注意点を学んで作品を作ろう♪アイデア10選も

すけるくんはその名の通り、乾くと透明になる魔法のような粘土です。その透明感を活かして果物・直物を作る作家さんが多いです♪ただ普通の粘土と違って注意しておきたい事が複数あるので今回解説します。使用上の注意を学んだら作品作りにチャレンジしましょう!アイデアも10選紹介するので最後までご覧ください。
  • youtube
  • instagram
  • すけるくんとは

    すけるくんとは

    すけるくんとは、透明度の高い樹脂粘土のことです。乾燥すると透明になるという特徴があり、フェイクスイーツなどを作るのにおすすめです。お値段は普通の粘土よりも少しお高めですが、使い勝手は抜群。薄く作っても折れにくくひび割れもしにくいので、細かい物を作るのにもぴったりです。アイデア次第で色んな物に変身できます。

    アイキャッチ出典:楽天

    すけるくん
    すけるくん
    透明度が高い樹脂粘土です。
     

    すけるくんの特徴

    乾くと透明

    画像出典:Amazon

    すけるくんの一番の特徴は、名前の通り透けること!透明になることです。完成した状態では、置いている下の模様が見えるぐらいには透明になります。乾燥するには差がありますが、大体1~2週間の時間がかかり、始めに成形したよりも少し小さい形に仕上がります。時間をかけて透明になっていく過程を見るのも面白いです。作るときにが、大きめに作っておきましょう。

    油分が多いので注意

    早速、袋から出したとき、触り心地に驚く方も多いでしょう。とても油分が多いのです。普通の粘土よりもだいぶ多めに油分が含まれており、テカテカしているので、うっかり落とさないように両手でしっかり持ちましょう。埃や汚れも付きやすいので、作る前にどれぐらいの物をどう作るか決めておくことをおすすめします。

    弾力性

    画像出典:Amazon

    しっかり透明になるまで乾燥させると、弾力を持つようになります。例えるとグミのような感じです。柔らかな触り心地、そして薄く伸ばしても折れることやひび割れることがないので、今まで諦めていた細かい作品も作ることができます。

    すけるくん使用上の注意

    着色方法

    画像出典:Amazon

    着色するには、水性サインペンやマジック・油絵具・アクリル絵具・水彩絵具・エナメル塗料など様々なものがあります。粘土に着色料を混ぜて練り込む方法と、乾燥した粘土の表面に筆やペンで塗る方法があるので、好みの方法を選んでください。乾燥後は着色した色よりも濃くなるので、薄めに着色してみましょう。

    収縮

    すけるくんは収縮率が10~15%程あるので、大きさも変わりますが、色も始めに成形した時よりも濃くなりやすいです。考えているよりも薄く着色するぐらいで丁度いいかもしれません。大きめに作って薄めに着色がポイントです。

    乾燥

    ひび割れ等が少ないすけるくんですが、乾燥の方法に気を付けてください。成形するときには粘土をしっかりと練っておくこと。そして、ゆっくり乾燥させることでひび割れ等を防ぎます。直接ポリエチレンラップを二重に巻いて長時間乾燥する方法がおすすめです。もしもひび割れした場合は、液体すけるくん(水溶きすけるくん)やすけるくんを水で溶いて無着色状態でひびの部分に覆いましょう。

    液体すけるくん
    液体すけるくん
    すけるくんのひび割れ補修用に
     

    ツヤだし

    別売りのすけるくん専用コートを塗ると綺麗な透明感とツヤを出すことができます。コート液がない場合もニスがあれば簡単にツヤ感が出るのでお試し下さい。

    すけるくん コート液
    すけるくん コート液
    成形後に塗るコート液で、作品の透明度を保ちます。
     

     

    すけるくんを使って遊んでみよう♪

    すけるくんでレモンを作ってみよう!

    定番と言われているレモンの作り方をご紹介します。材料は、下記の通りです。

    材料

    • すけるくん
    • お好きな絵具
    • サランラップ
    • 厚紙
    • ハサミ
    • 爪楊枝
    • セロテープ
    • カッター
    • 物差し
    • ボンド
    • ヤスリ
    • ニス

    手順

    1. まず、果肉の質感を作るために厚紙やクリアファイルなどで粒の形をつくっておきます。
    2. 爪楊枝に巻き付けることで雫の形になるので、粘土に型を付けていきます。
    3. カッターを使って10等分にしますが、この時は正確に10等分するために物差しで測った方がいいでしょう。
    4. そして爪楊枝で果肉を伸ばすようにしながら中央に穴を開けます。
    5. 区切り部分の外側も丸みをもたせるようにし、乾燥させます。
    6. 果肉同士の白い線を作り貼り付け、周りの皮の部分も作り貼り付け、余分な部分はカット、好みでツヤだしニスを塗れば完成です。

    シリコンモールドで簡単バラ作り!

    シリコンモールドはシリコン製の型(器)のことです。この型を使うことで簡単に色んなモチーフを作ることができます。立体的で難しそうなバラも、粘土を型に入れて出すだけで簡単にできます。

    シリコンモールドには種類があり、アルファベットやリボンや動物の形などもあります。先にオイルを塗って粘土を入れる方法もありますので、作りたいものによってシリコンモールドも変えてみましょう。

    シリコンモールド 果物
    シリコンモールド 果物
    すけるくんの型取りを簡易に行えるツール!色々な果物が作れます。
     

     

    シリコンモールド バラ
    シリコンモールド バラ
    すけるくんの型取りを簡易に行えるツール!バラが作れます。
     

    うまく形が作れない方もこれなら簡単に可愛いものが作れます。

    すけるくん作品集!10選

    シュガーキャンディ

     

    りなさん(@_happysweet)がシェアした投稿

    カラフルで可愛らしいキャンディは砂糖をまぶした感じかリアルで可愛らしいです。

    イカのお造り

     

    モリコーネさん(@moriko_ne)がシェアした投稿

    斬新な発想でとてもリアルなイカです。シリコンを使った面白くて素敵な作品です。

    アジサイ

     

    クロちゃんの庭さん(@kohakuya55)がシェアした投稿

    1つ1つの花びらを組み合わせ、どれも手を抜かない仕上がり、そして色合いの綺麗さに目を奪われます。

    色とりどりのカットフルーツ

     

    pelangi*mさん(@pelangi.miho)がシェアした投稿

    オレンジにキウイ・パインなど定番のフルーツからさくらんぼやみかんまで、色鮮やかで美味しそうなフルーツセットです。

    夏祭りピアス

    かき氷に金魚・ヨーヨーからアイスキャンディまで、夏にぴったりなモチーフがピアスに変身。宇治金時のかき氷や金魚の入れ物等こだわりが凄いです。

    オランジェット

     

    Hiromi Hondaさん(@hiromihonda)がシェアした投稿

    食べて美味しい人気のオランジェットも実はフェイクスイーツです。目を引くモチーフが可愛いです。

    アイスキャンデー

     

    POMさん(@yoshikapom119sweets)がシェアした投稿

    透明さを活かしたアイスキャンデーは、カラフルなフルーツを際立たせています。透明だからこその仕上がりです。

    スマホケース

     

    ツキのカケラ@610さん(@610love_teamabc)がシェアした投稿

    立体感のあるフルーツを可愛くデコレーションしたスマホケースは目立つこと間違いなしの存在感です。

    バラのバレッタ

     

    Yasukoさん(@lily_bell55)がシェアした投稿

    本物のように綺麗なバラを使ったバレッタ、コーティングもばっちりです。

    クリスマスツリー

     

    Chisato Iwanariさん(@chiichiichisato)がシェアした投稿

    透明なツリーにLEDライトを入れ込み、光るツリーを製作しています。発想力が凄いです。

    おわりに

    アイデア次第で何でも作れるすけるくん。フェイクフルーツから実用的なアクセサリーまで幅広く作ることができます。一度ハマると、どんどん作りたくなりそうですね。誰でもできる簡単な粘土なので、是非作ってみましょう!

    特集・まとめ