ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ようこそ、ハンドメイド教室紹介ポータルサイトFECYへ!

フェイスブックで新規登録 Googleアカウントで新規登録

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ログインしてお気に入りのハンドメイド教室を探そう!

フェイスブックでログイン Googleアカウントでログイン

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ハーバリウムに必要な材料って!?準備しておくと便利なモノ

ハーバリウムを作ってみたいなら、まず材料を知る必要がありますね。そこで今回は制作に必要な材料と価格を紹介します。ほとんどが安く・手に入れやすいモノなので、すぐ揃えることが出来ます。また個別購入以外に、ハーバリウム制作のセット商品もありますので、特にオススメのセット商品を一緒に紹介していきます。

ハーバリウムの材料と価格

ハーバリウムに必要な材料

ハーバリウムの仕上がりはお花と瓶のバランスも大切です。瓶の大きさや雰囲気で作品のデザインやアレンジも変わりますよね。

形は円柱型、四角柱型、丸型、涙型、電球型などがありますが、瓶選びに悩んでしまう初心者の方にはお花が浮きにくいスリムボトルがおすすめです。蓋がしっかり閉まるものならok、飾る場所やお花の種類を思い浮かべて自然にイメージできるような瓶を選んでいきましょう。

10本など、セット売りもありますのでお友達を誘って一緒に購入するするのもいいですね。

日本製 ハーバリウム 四角柱ガラス瓶 150cc 10本セット

日本製 ハーバリウム 四角柱ガラス瓶 150cc 10本セット

Amazonで見る

日本製 ハーバリウム 角スキットル型 ガラス瓶 200cc 10本セット

日本製 ハーバリウム 角スキットル型 ガラス瓶 200cc 10本セット

Amazonで見る

日本製 ハーバリウム 円錐ガラス瓶 100cc 10本セット

日本製 ハーバリウム 円錐ガラス瓶 100cc 10本セット

Amazonで見る

オイル

ハーバリウムはもともと保存液に植物をつけて標本にするものですが、今では観賞用やハンドメイド好きに人気となり注目を浴びています。

引火点高くて使いやすい粘度の専用オイルが最も適していますが、他にもハーバリウムに使えるオイルがいくつかあります。カビにくいミネラルオイルもその一つ、ベビーオイルと中身は同じなので手持ちにあれば使っても構いませんが、500ml、1000ml入りの流動パラフィンがおすすめです。

また少し高価になりますが、シリコンオイルもハーバリウムに適しています。ミネラルオイルよりも白く濁りにくく耐熱性にも優れているので、より専門的につくる場合に使われることが多いようです。

パック ハーバリウムオイル 300ml

パック ハーバリウムオイル 300ml

Amazonで見る Rakutenで見る

小堺製薬 流動パラフィン(食添) 500mL

小堺製薬 流動パラフィン(食添) 500mL 

Amazonで見る Rakutenで見る

シリコーンオイル KF96-1-50

シリコーンオイル KF96-1-50

Amazonで見る Rakutenで見る

乾燥花

ハーバリウムは水分が大敵、少しでも水分が入るとカビやすくなり、せっかく作っても長持ちしなくなってしまいます。なので残念ながら生花では作ることができないのです。しっかりと乾燥させたドライフラワーやプリザーブドフラワーが適していますが、着色が強いものは時間とともにオイルに色がついてくるので注意が必要です。

ダライフラワーは逆さに吊るして自然に乾燥させますが、乾燥材やドライヤー、電子レンジを使うと、より早くキレイに乾燥させることができます。ハーバリウムに向いている花選びも大切ですね。乾燥しやすくて色味がキレイな小花は失敗も少なくて特に初心者におすすめですよ。

ドライフラワー 5色 50枚セット

ドライフラワー 5色 50枚セット

Amazonで見る

ドライフラワー 桃白系ペッパーベリー詰め合わせ

ドライフラワー 桃白系ペッパーベリー詰め合わせ

Amazonで見る

ドライフラワー用乾燥剤 シリカゲル

ドライフラワー用乾燥剤 シリカゲル

Amazonで見る Rakutenで見る

その他 「準備しておくと便利なモノ」

お花と瓶とオイルがあればハーバリウムは作れますが、なにせ狭い瓶の中にお花をアレンジしていくわけですから少々難しい作業になるところもあります。ここでは、あると便利な道具をいくつか紹介していきましょう。

花切りハサミ

お花の長さ(高さ)は瓶のどこにいれるかによって違いますよね。乾燥して形が崩れやすいお花を小さい大きさにカットするためには花切りハサミが一番です。

ハーバリウムに最適なハサミ

ハーバリウムに最適なハサミ

Amazonで見る Rakutenで見る

ピンセット

瓶の大きさにもよりますが、お花を手で瓶に入れるのは限界があります。そこで活躍するのがピンセット、一つずつ入れることが出来て失敗も少なくすみます。思い通りのデザインに仕上げるため、できれば長めのものを準備してください。

ハーバリウムに最適なピンセット

ハーバリウムに最適なピンセット

Amazonで見る Rakutenで見る

ドライヤー

ハーバリウムは瓶もしっかりと乾燥させてから作ります。綺麗に洗ったあと、ドライヤーで乾かしましょう。待っという間に乾燥できてかなりの時短になりますよ。

パナソニック製 ヘアドライヤー

パナソニック製 ヘアドライヤー

Amazonで見る Rakutenで見る

消毒液

ハーバリウムを作る前に欠かせない作業がもう一つ、瓶の消毒です。市販のエタノールで雑菌をしっかりとっておきましょう。お花も綺麗なまま、より長く楽しめます。

無料エタノールP 500ml

無料エタノールP 500ml

Amazonで見る Rakutenで見る

材料を揃えたらハーバリウムを作ってみよう

瓶を消毒

ハーバリウムを作り始める前にまずは瓶の下準備をします。雑菌もハーバリウムを劣化させる原因となります。水分と同じように雑菌が残っているとオイルにつけた後にカビが発生しやすくなり残念な事に。長持ちさせるためには乾燥と消毒が大切なのです。瓶と蓋をエタノールで拭くか、熱湯煮沸をしてよく乾かしておきましょう。作る時に使う花切りハサミ、ピンセットもお忘れなく。

花をカット

 

salviaさん(@salvia214)がシェアした投稿

次にお花の下準備をします。余分な葉っぱや茎を除き、瓶に入れやすい大きさにお花をカットしていきます。瓶の口の広さによって入るお花の大きさも変わってきますから、デザインを考える時には瓶に合った大きさのお花でイメージしていきましょう。

色合いのバランスも大切です。乾燥花は色味が落ち着いているのでどうしても色が沈んでしまいます。色味のきれいなお花をカットして、ナチュラルなイメージの中にあしらえば、華やかさもあるおしゃれなハーバリウムに仕上がるでしょう。

花を瓶に詰める

 

Chotto-piliさん(@chotto_pili)がシェアした投稿

下準備が終わったら実際に瓶にお花を入れていきます。デザインによって入れ方は違ってきますが、まず初めに土台になる花弁や小さくカットした花を入れて落ち着きやすくしておくとアレンジしやすくなります。次に長めのはなや葉を入れて全体のデザインを整えていきます。

コツは花を詰めすぎないこと!ほど良い空間を入れると綺麗に仕上がりますよ。また、ビーズや石を底に敷いたり、スライスしたオレンジなどのドライフルーツをアクセントにするのも素敵です。季節感や色彩のバリエーションも増えてアレンジがますます楽しくなりそうです。

段階的にオイルを注ぐ

 

salviaさん(@salvia214)がシェアした投稿

初めはせっかく入れたお花が契れたりしないか心配で、オイルを注ぐのを戸惑ってしまいがちです。なんせ乾燥花ですから当然不安になりますよね。でも大丈夫!まずお花が半分くらい入ったところでゆっくり少しずつ半分オイルを入れます。いっぺんにオイルを入れるよりもお花が浮きにくく最後までデザイン崩れを防ぐことができるのです。

この時、オイルに浸かったお花をピンセットで上下に動かしながらバランスを整えることもできます。ただし、お花が崩れやすいのでこの作業もゆっくりと少しずつ優しくしなければなりません。

お花が入れ終わったら仕上げのオイルを注いでいきます。オイルは室内の温度によって体積が変わります。一番上まで入れるのではなく、瓶口の手前、首が細くなるところまで入れ、空気を残しておきましょう。

蓋をして完成

 

salviaさん(@salvia214)がシェアした投稿

オイルを入れ終わったら、消毒と乾燥が終わっている蓋でしっかりと閉めて出来上がりです。仕上がったハーバリウムの瓶の首にリボンなんかを巻いて仕上げるのもおすすめです。劣化を防ぐためになるべく直射日光の当たらない場所に飾りましょう。カーテン越しの光やライトを当てて、輝くハーバリウムは見ているだけでも癒されます。

材料はセット購入できる!ハーバリウムのセット商品5選

ハーバリウムお試しキット(オイル、ガラス瓶2本、花材セット2種類)

ハーバリウムお試しキット(オイル、ガラス瓶2本、花材セット2種類)

Amazonで見る Rakutenで見る

ガラス瓶とお花が2セットずつとオイルボトル(120ml)1袋のセットです。手軽に始められるシンプルなセットなら準備にも肩の力が入らず気軽に始められそうですね。初心者の方がハーバリウム作りを楽しむのにピッタリなセットです。

minne ハーバリウム手作りキット

minne ハーバリウム手作りキット

minneで見る

ガラス瓶、オイル、お花はドライフラワーとプリザーブドフラワー入りのハーバリウム2本分のキットです。アクセント使いのビーズが入っていて花とのアレンジも楽しむことができます。他にも7本セットもあるので、お友達と一緒に購入するのにもおすすめです。

creema ハーバリウム手作りキット(3本)

creema ハーバリウム手作りキット(3本)

creemaで見る

ロングスリム(200ml)の四角柱と円柱が1本づつ、高さが低い(100ml)四角柱が1本の合計3本入り。形の違う瓶が入っているのが魅力のセットです。飾る場所や用途にあわせて瓶が選るのは嬉しいですね。3パターンのアレンジでハーバリウム作りをじっくり楽しめそうです。

ハーバリウムキット トライアルセット「プリンセスマーメード」

ハーバリウムキット トライアルセット「プリンセスマーメード」

yahooショップで見る

こちらのサイトではハーバリウムキットや瓶のセットが購入でき、更に3000円以上購入するとロングピンセットがプレゼントされるという特典付き。材料と一緒にピンセットが揃うので初めての人にも嬉しいお買い物ができて人気です。

あいむ ドライフラワー花材7色セット

あいむ ドライフラワー花材7色セット

Amazonで見る

ドライフラワーを手軽に購入してすぐにハーバリウムを作りたい人におすすめです。7色のお花がセットになっていて色味も豊富、作りたいハーバリウムのイメージも膨らんで、アレンジのバリエーションも広がりそうです。

まとめ

玄関や窓際のインテリアに大活躍してくれるハーバリウムは雑貨屋さんや通販でもよく見かけますが、ハンドメイドならお好みのお花やプレゼントにいただいたお花をドライフラワーにして作ることもできます。瓶の中に大切な思い出も一緒に詰めれば幸せ気分も長く味わえますね。

赤、白のお花とヒイラギの葉やスギの緑でクリスマスカラーのアレンジもおすすめです。和をイメージする花材で作ったハーバリウムと水引やお正月オーナメントを一緒にアレンジすれば、玄関用の素敵なお正月飾りにもなります。季節ごとの演出に花を添えてくれる嬉しい存在になること間違いなしです。

また、ハーバリウムは花粉が飛ぶ心配もないことからアレルギーの方にも楽しんでもらえる花あしらいです。瓶の首にリボンやメッセージカードを添えて、お祝いの贈り物にしても喜ばれそうですね。
あなたも魅力いっぱいのハーバリウム作りをぜひ楽しんてみてください。

特集・まとめ