ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ようこそ、ハンドメイド教室紹介ポータルサイトFECYへ!

フェイスブックで新規登録 Googleアカウントで新規登録

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ログインしてお気に入りのハンドメイド教室を探そう!

フェイスブックでログイン Googleアカウントでログイン

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ステンシルシートを作ろう!自分だけの簡単おしゃれシート作成

ステンシルを行うときに使用する転写シートであるステンシルシートは市販されていますが、なかなか自分の想像したデザインに出会えないことがありますよね。そこで、せっかくオリジナルのものを作るのであればステンシルシートから手作りするのはどうですか?ステンシルシートの簡単な作り方をご紹介します。
  • youtube
  • instagram
  • ステンシルシート

    アイキャッチ出典:Amazon

    ステンシルシートとは

    ステンシルシートは、インクや絵の具で家具や雑貨にステンシルをする際の型紙です。シートは何度も使用する事ができ、一つのシートに文字だけでなくイラスト等も自由に作る事が出来るので、組み合わせ次第で様々なデザインを楽しむ事が出来ます。

    ステンシルのやり方についてはこちらの記事を参考にしてください。

     

    ステンシルシート作りに必要な材料

    ●デザインの用紙
    最近では、フリーで使えるお洒落なデザインがネットから印刷できるので、お気に入りのデザインを探してみて下さい。印刷は、A4サイズなどの印刷用紙で大丈夫です。OHPシートを使用する場合には、シートにそのまま印刷して下さい。

    ステンシルシート
    コクヨOHPフィルム
    OHPシートは、インクジェットで印刷出来るので簡単な手順でステンシルシートを作る事が出来ます。
     

    ●油性ペン
    デザインをクリアファイルに書くときに使用します。水性ペンだと消えやすいので、油性ペンが安心です。
    ●マスキングテープ
    文字やイラストをクリアファイル・OHPシートに写していく際に、用紙とシートがずれないように使用します。剥がしやすく跡も付きにくいのでおすすめです。
    ●スティックのり
    マスキングテープ同様、デザインの用紙とシートのズレを防ぐのに使用します。液体のりよりもスティックのりの方が、剥がしやすくベタつきません。
    ●デザインカッター
    カッターよりも使いやすい道具です。

    ステンシルシート
    OLFAアートナイフプロ
    刃を付け替えられるデザインカッターで直線や曲線などをきれいに切れる道具です。
     

    ステンシルシートの作り方

    クリアファイルで作る場合の作り方

    ステンシルシートをクリアファイルで作る場合、使う材料によって手順が少し違ってきます。ここでは、スティックのりとマスキングテープを使った場合の作り方の違いをご紹介します。

    ・スティックのりを使用する場合

    ① クリアファイルを1枚用意します。
    クリアファイルは、紙が挟める状態になっているので、ファイルの下の繋がっている部分をハサミやカッターで切り、クリアファイルを半分にして1枚のシートにします。
    ② クリアファイルが上になるようにデザインが書かれた用紙をスティックのりでくっつけます。用紙とファイルがずれないようにする為です。その際、デザインの文字をなぞるようにスティックのりをつけて下さい。デザインの部分はカットしてしまうので、ファイルがベタつきにくいです。
    ③ スティックのりがある程度乾いたら、デザインにそってカットしていきます。
    ④ すべてカットし、文字やイラスト部分を切り離します。
    ⑤ 用紙をクリアファイルからはずしたら、ステンシルシートの完成です。

    ・マスキングテープを使用する場合

    ① クリアファイルを1枚用意します。
    クリアファイルは、紙を挟める状態になっているので、下のつながっている部分を切り、クリアファイルを半分にして1枚のシートにします。
    ② マスキングテープでデザインの用紙とクリアファイルがずれないようにとめます。
    ③ 用紙のデザインに合わせて、クリアファイルに油性ペンでデザインを書いていきます。
    ④ デザインが書き終わったら、クリアファイルから用紙をはずします。
    ⑤ カッティングボードをファイルの下において、デザインに合わせてカットしていきます。
    ⑥ カットして文字やイラスト部分を切り離したら、ステンシルシートの完成です。

    OHPシートで作る場合の作り方

    OHPシートは、インクジェットで印刷出来るので、クリアファイルに比べてより簡単な手順でステンシルシートを作る事が出来ます。

    ① ステンシルシートにしたいデザインをOHPシートに印刷します。
    ② 印刷が完全に乾いたら、カッティングシートの上でカットしていきます。
    ③ カットした文字・イラストを切り離したら完成です。

    携帯でデザインを探し、ステンシルシートを作る場合

    最近では、ネットや携帯のアプリでもお洒落な文字・イラストのデザインを探す事が出来ます。ステンシルシートを作る際には、プリントをする必要がありますが、もし自宅にプリンターがないという場合には、コンビ二の印刷サービスがおすすめです。
    パソコンや携帯で作ったデザインを簡単に印刷することが出来ます。

     

    ステンシルシート作りのポイント

    ●細かいカットは、デザインカッターがおすすめです。曲線や細かい部分も綺麗にカットする事が出来ます。カットの際は、カッティングマットを使用しましょう。
    ●カッターの刃は、先端を使って軽い力で切ると切りやすいです。
    ●曲線は、カッターを手前に倒しながら切ると綺麗に切れます。
    ●カットした後に切り抜いた部分がうまく切り離せない場合には、無理にはずそうとせずシートをクルクルと回しながら切り離してみて下さい。
    ●アルファベットのOやR、数字の6や8などは、そのままカットしてしまうと内側の部分抜けてしまう為、なんの文字か分からなくなってしまいます。その為、文字の中央部分に線を入れ文字の中をくり抜いてしまわないように線の部分を残して切って下さい。文字の内側が抜けずに文字の形がしっかり残ります。

     

    ステンシルシート作品8選

    キャラクターやお店の看板などアイデアいっぱいの手作りステンシルシート8選をご紹介します。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    snp810(@_snp810_)がシェアした投稿

    スヌーピーとチャーリーブラウンの可愛いステンシルシートです。好きなキャラクターも印刷で簡単にデザイン出来ますよ。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    Takanori Shinke(@nutsco)がシェアした投稿

    お店のロゴがデザインされたステンシルシートです。文字だけのシンプルデザインも、インテリアのワンポイントになります。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    h.i(@h.i615)がシェアした投稿

    メニュー風のデザインです。一部の文字に枠をつけることで、見えやすさが変わってきますね。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    kaori_yuamama514(@kaori_yuamama)がシェアした投稿

    文字とイラストを組み合わせたデザインです。全体的に丸みのあるデザインが可愛らしさを表現しています。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    LAUGH&PEACE(@lp_1107.f)がシェアした投稿

    1枚のシートに10種類以上のデザインがあるステンシルシートです。1枚のシートで様々なデザインを楽しむ事が出来るのもステンシルの魅力です。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    h.i(@h.i615)がシェアした投稿

    1つのデザインの中で、いくつか字体を使っているこだわりの作品。カフェやレストランのインテリアのようです。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    h.i(@h.i615)がシェアした投稿

    字体を変えるだけでなく、文字の並びに丸みをつけ全体がバランスよくまとまっています。

    手書き風のデザインが可愛いステンシルシートです。子供のイラストで作るのも面白いかもしれません。

    まとめ

    オリジナルで作れるステンシルシートについてご紹介しました。
    ステンシルは、インテリアであれば家具だけではなく、窓ガラスや壁、ファッションであれば服や小物、さらには車など幅広いアイテムで楽しむ事が出来る人気のDIYです。文字やイラストのデザインも字体、バランス、大きさなど一から作れるからこそ、楽しさも広がります。ご紹介した様々なアイデアを参考に世界に一つのオリジナルステンシルシート作りをぜひ、楽しんでみて下さい。

    特集・まとめ