ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ようこそ、ハンドメイド教室紹介ポータルサイトFECYへ!

フェイスブックで新規登録 Googleアカウントで新規登録

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ログインしてお気に入りのハンドメイド教室を探そう!

フェイスブックでログイン Googleアカウントでログイン

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

刺繍ワッペンの作り方解説!素敵な刺繍アイディアとつまずかないためのコツも

刺繍ワッペンを作って付ければオシャレ度がアップします!子供にも作ってあげれば、とっても喜んでもらえますよ。短期間で制作出来るので、ハンドメイド初心者でも大丈夫です。今回作り方をマスターして、身の回りのアイテムをどんどんオシャレにしましょう。

手縫いは手間で根気がいる作業

アイキャッチ出典:Pinterest

刺繍の躓きポイント

刺繍初心者にありがちなのは、できあがったら布がつってシワシワになってしまったという失敗ではないでしょうか。刺繍は最低限針と糸さえあればできますが、面倒くさがらずにそろえておきたいのが刺繍枠。刺繍枠は布をピンと張るための道具です。刺繍枠を使って布をきちんと伸ばした状態にしておくというひと手間で、驚くほど楽に刺繍できるようになります。作業が楽になるだけでなく、布にシワが寄らず仕上がりが格段にきれいになるので、初心者だからこそ使いたい道具です。

そしてもう一つ、刺繍をきれいに見せるためにやっておきたいのが刺繍糸の下準備。通常6本どりの糸を2本か3本に分けて使いますが、この時に一度1本ずつ引き出してから必要な本数を合わせて使います。こうすることで糸がねじれて刺繍がデコボコになるのを防ぐことができます。少し手間ですがやっておくことで仕上がりが格段に違います。

きれいに仕上がるとまた作りたくなりますよね。

刺繍ワッペンに必要な材料とは

刺繍ワッペンの材料

刺繍糸

25番のもの。6本どりの糸を2本または3本に分けて使います。

刺繍針

フランス刺繍針を使用します。クロスステッチ用の先が丸い刺繍針と間違えないようにしましょう。

刺繍枠

作りたいワッペンの大きさに合うものを用意します。あまり大きくない方が使いやすいでしょう。

フェルト

ワッペンの土台になります。

はさみ

糸切りばさみと、布を切る裁ちばさみを用意します。

両面接着芯

ワッペンをカバンや服につけるために必要です。アイロンの熱で圧着します。

刺繍用下地シート

イラストをプリントして使います。刺繍をした後に水で洗うと溶けてなくなります。ダイソーに売っています。フェルトに直接図案を描く場合は不要です。

イラスト

初めはあまり大きくないもの、複雑でないものがおすすめです。

100均で材料は揃います

これらの材料と道具はダイソーでもひと通り揃います。全部揃えても800円ほどで揃うことになりますね。

刺繍ワッペンの作り方

イラスト作成

まずは刺繍したいイラストを用意します。自分で描いても構いませんし、本などから写し取っても構いません。インターネットでも「刺繍 図案」で検索するとさまざまな図案を見つけることができます。

使いたいイラストが決まったら刺繍用下地シートにプリントします。インクジェットプリンターを使うか、手描きするなら水性ペンを使います。プリントしたイラストを切り取ってフェルトに貼ります。フェルトに直接イラストを描く方法もあります。刺繍してしまえば図案は隠れてしまうので、描きやすいペンなら何でも構いませんが、手芸用の水で消えるチャコペンなら安心ですね。

刺繍

イラストの中を埋めるように刺繍していきます。刺し始めと刺し終わりは玉止めせずに返し縫いだけにするとボコボコせずきれいに仕上がりますが、ワッペンの場合、裏は隠れてしまうのであまり気にしなくても大丈夫です。

使うステッチは大きく分けて2つ。面を埋めるステッチとラインを作るステッチです。

面を埋めるにはサテンステッチやロングアンドショートステッチを使います。刺繍したい部分の端から糸を渡して面を埋めるように刺していきます。なるべく隙間なく埋めていくのがきれいに見せるコツです。ただ、隙間が空いてしまったとしても大丈夫。後から戻って刺し足せばOKです。まずは全体に刺してみて、足りないところがあるようならバランスを見ながら足していくといいでしょう。

面が埋まったら、次はラインです。ラインを刺すにはアウトラインステッチ、バックステッチ、チェーンステッチなどがあります。初心者におすすめはバックステッチ。いわゆる本返し縫いと同じで、一つ手前のステッチの終わりに針をさしていきます。少し根気がいりますが、ラインを刺すためのステッチで面を埋めることもできます。サテンステッチやロングアンドショートステッチがうまくできない場合は、バックステッチで面を埋めていきましょう。刺繍ができあがっらた水にしばらくつけた後、やさしくもみ洗いして刺繍用下地シートを溶かし、乾かします。この時点でアイロンをかけておくときれいに仕上がります。

ハサミでカット

完成した刺繍の周りを裁ちばさみでカットします。この時、両面接着芯も同じ大きさにカットしておきます。糸を切らないように注意します。フェルト部分を縁取りとして残してもいいでしょう。

作ったワッペンの貼り付け

できあがったワッペンをカバンや服に貼り付けます。貼り付けたいものの上に両面接着芯、ワッペンの順に乗せて、あて布をしてアイロンで圧着します。両面接着芯には片面が剥離紙になったものもあります(両面接着シートなどの名前で売られています)。片面が剥離紙のものを使う場合は、まず剥離紙のついていない面をワッペンに接着してから剥離紙をはがして、つけたい場所にアイロンで圧着します。一度に両面を貼り付けるものよりもずれにくいので、アイロンに自信のない方は剥離紙タイプがおすすめです。

Tシャツなどよく洗濯するものの場合は、少し手間ですが縫いつけておくとはがれる心配がありません。ワッペンの周りをブランケットステッチで刺しながら縫いつけていきます。

刺繍が難しいならミシンを使おう

ミシンでワッペン作り!刺繍方法

少しお値段は張りますが、刺繍用のミシンもあります。パソコンなどで作成したデータを使って思い通りの図案を刺繍することができます。データは内臓データの他にメーカーのサイトからダウンロードしたり、別売りのソフトを使って自作することも可能です。大量に同じ刺繍をすることができるので、おそろいのチームウェアを作ったり、お子さんの持ち物の目印にお気に入りのワンポイントをつける、オリジナルの雑貨にロゴをつけるなどいろいろな使い方ができますね。

使いやすいミシン2選

ブラザー 刺しゅうコンピュータミシン Family Marker FM1000

ブラザー 刺しゅうコンピュータミシン Family Marker FM1000

Amazonで見る Rakutenで見る

お手頃な刺繍ミシンといえばブラザー。

内臓データ以外にUSBメモリや別売りの刺繍カードで刺繍データを取り込んで、お好みの刺繍を自動で縫うことができます。最大刺繍サイズは10×10cm。名前入れに便利な文字刺繍は8書体。別売りのソフト「刺しゅうPRO NEXT」を使えばパソコンでオリジナルの刺繍データを作ることができます。

液晶画面搭載でタッチパネル方式の直観的な操作ができ、さらにティーチング機能で操作を案内してくれたり、エラーメッセージも表示されるので初心者にも安心です。

通常のミシンとしても本格的な機能を備えており、厚物縫いにも対応、自動止めぬいや自動糸切りといった便利な機能も付いています。

アイシン精機 お絵かきミシン OEKAKI50

アイシン精機 お絵かきミシン OEKAKI50

Amazonで見る Rakutenで見る

こちらは通常の自動で刺繍をしてくれる刺繍ミシンと違い、フリーハンドでお絵かきするように自由に刺繍することができるミシンです。図案を記憶させることはできませんが、押さえを上げずに糸調子皿を開くことで自由に布を移動させることができ、縫い幅はフットコントローラーの踏み込みで調整できるので思い通りの刺繍をすることが可能。また厚手の12オンスデニム12枚重ねにも対応しており、実用ミシンとしての性能も文句なしです。グッドデザイン賞を受賞したおしゃれな見た目もポイントで、カラーは6色揃っています。

これ可愛い!思わず言っちゃう刺繍ワッペン10選

pin

赤を効かせた東欧風のデザインや色使いがおしゃれなワッペン。いろいろな国の民族衣装やクロスを参考にしてみるのもいいですね。

 

pin

おとぼけな顔がかわいいワンちゃん。ロングアンドショートステッチで表現された毛並みがリアルです。地のフェルトを生かしたデザインなので、じつは刺繍されているのはほんの少し。刺繍が大変と思ったら地を生かす方法も考えてみましょう。

 

pin

カラフルな色を使うと小さくても目を引くワッペンが作れます。グラデーションも刺繍が得意とする表現の一つ。

 

pin

ワッペンにピンを付けてブローチにすれば、好きな場所に付け替えることができますし、洗濯で痛むのも防ぐことができます。可憐な花びらを表現するにはサテンステッチがおすすめです。

 

pin

刺繍糸でクラゲの足を表現したアイディア作品。刺すだけが表現方法じゃありませんね。

 

pin

ステッチで面を埋めた作品。ポップでかわいらしく仕上がります。ステッチによる雰囲気の違いも上手に使いこなせるようになるといいですね。

 

pin

いくつか作って並べて一つの作品にするのもアイディアです。ただ名前を付けるよりずっとおしゃれになりますね。

 

pin

色に統一感を持たせると上品な雰囲気に。同じ雰囲気のワッペンを揃えればワンポイントになるだけでなく、自分の持ち物の目印にもなります。

 

pin

ビーズやスパンコールなど異素材を組み合わせると表現の幅は無限大。ぐっと大人の雰囲気を出すことも可能です。

 

pin

慣れてきて絵を描くように刺繍できるようになったら楽しいですね。ラインや動物の模様の表現の仕方にも注目です。

 

いかかでしたか。まだまだいろいろな刺繍作品がありますよ。表現次第で子どもにも大人にも使える刺繍ワッペン。一つか二つのステッチだけでも素敵な作品が作れますが、少しずついろいろなステッチを覚えていくと表現の幅も広がります。たくさんの作品を見て気に入った表現はどんどん取り入れてみると思い通りの作品が作れるようになりますよ。ぜひトライしてみてくださいね。

特集・まとめ