ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ようこそ、ハンドメイド教室紹介ポータルサイトFECYへ!

フェイスブックで新規登録 Googleアカウントで新規登録

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ログインしてお気に入りのハンドメイド教室を探そう!

フェイスブックでログイン Googleアカウントでログイン

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ミシン縫い・クラフト工芸で大活躍「目打ち」の選び方

手芸用品の便利道具「目打ち」は主にミシンがけをするときに布を押さえることに使ったり、クラフト工芸の際にレザーに穴をあけることに使ったりする道具です。目打ちにはいくつか種類があり、使い分けすることで様々な使い方ができる便利道具です。今回は目打ちの選び方や使い方についてまとめます。
  • youtube
  • instagram
  • 目打ち

    目打ちとは

    目打ちとは別名クジリとも呼ばれ、裁縫やクラフト工芸など様々な場面で使うことができる道具です。サイズが少し大きいものでは大工道具としても使われています。

    目打ちの用途

    目打ちは様々な用途があります。

    1. ミシン縫いを行う際に、布を押さえるために使用する。
    2. クラフト工芸でレザー生地に手縫い用の穴をあけるために使用する。
    3. 縫い物の角を揃える・角を出すために使用する。
    4. 縫い物の縫い目を解くために使用する。
    5. 刺繍糸の束から数本だけを引き抜くために使用する。

    このように様々な使い方ができる便利道具です。

    目打ちの種類と選び方・使い方

    目打ちの種類と選び方

    目打ちには大きく分けて4種類あります。

    1、先が尖っている定番の形の目打ち

    目打ち

    画像出典:Amazon

    先が尖っている定番の形の目打ちは様々な使い方ができるオールマイティー型です。ミシンがけの際に布を押さえたり、ビーズのアクセサリー製作の時にも使うことができます。目打ちを初めて購入する方にはこの先が尖っているタイプがオススメです。また、通常の目打ちを持っている方には、先が極細タイプや尖り方が鋭いものなどもありますので、こちらも使い分けられると応用が効きます。

     

    2、先が丸くなっている目打ち

    目打ち

    画像出典:Amazon

    先が丸くなっている目打ちは、主にトラプント&ブティと呼ばれるイタリアンキルトを行う時に使われます。キルト生地に穴をあけるのに適した先が尖らず丸くなっている目打ちです。

     

    3、先が曲がっている目打ち

    目打ち

    画像出典:Amazon

    先がカーブを描いている目打ちです。ミシンがけの布を押さえる時に先の尖ったタイプよりもより使いやすいのが先が曲がっているタイプです。カーブ部分が布にフィットすることが特徴です。また、糸ほどきの際にも、カーブを利用して布と布の間に入りやすい形になっています。

     

    4、フォークのような形の菱目打ち・平目打ち

    目打ち

    画像出典:Amazon

    菱目打ち・平目打ちと呼ばれるフォークのような形をした目打ちは主にクラフト工芸に使われます。レザーに穴をあけてかがり縫いなどを行う時に、等間隔で同じサイズの穴をあけることが出来て便利です。菱目打ちと平目打ちを使う場合はハンマーを一緒に使います。

    目打ちの使い方

    1、ミシンがけの布押さえ

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    Yuuki Katagai(@youka503)がシェアした投稿

    ミシンがけの際に布の端を押さえたり、折り目に沿って押さえたりして使用します。

    2、作品の角出し

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    hiromi (❁ᴗ͈ˬᴗ͈)(@hiromi_2765)がシェアした投稿

    布作品の角出しの時、残りの少しの角をぴっしり出すには裏側から目打ちで押し出すときれいに角が出ます。

    3、レザークラフト

    菱目打ち・平目打ちを使う時にはハンマーが必要です。

    目打ち
    Active Island ラウンドモール 
    ラウンドモウルに多い棒状ではなくハンマータイプで先端に力が入りやすく女性でも使うことができるデザインです。
     

     

    目打ち
    DIYツールナイロンハンマー 
    棒状のハンマーです。
     

    目打ち

    穴をあけたい場所に目打ちを構えて、ハンマーで押すと穴をあけることが出来ます。

    目打ちのオススメ8選

    それぞれの種類ごとにオススメの目打ちを紹介します。

    先が尖っている定番の形の目打ち

    1、ポケットの目打ち

    定番の形で手芸やクラフト作業に便利な目打ちです。重さも30gと軽く使いやすいです。また、先が尖っている目打ちは危険がありますが、カバー付きで持ち運びもしやすいです。

    目打ち
    ポケット目打ち
    先の尖ったタイプのカバーセットの目打ちです。
     

     

    2、Cloverの目打ち

    持ち手が木で出来ており、手にフィットしやすいデザインです。また、先が太すぎず細すぎず、オールマイティーに使用できるため、最初に一本にオススメの目打ちです。

    目打ち
    Clover S-目打ち
    カバー付きの先が尖っている目打ちです。
     

     

    3、チューリップの目打ち

    先が極細の目打ちです。細かい作業をするときや小さい穴をあけたい時に最適です。グリップは凹みがついており、指にフィットする形になっているため、力も加えやすいデザインになっています。

    目打ち
    チューリップ 極細目打ち
    通常の目打ちより先が細く細かい作業に向いている目打ちです。
     

     

    先が丸くなっている目打ち

    4、Cloverのポイント目打ち

    先が尖っておらず丸くなっている目打ちです。主にトラプント&ブティに使用される目的で作られています。持ち手には滑り止めがついており、握りやすいデザインです。

    目打ち
    Clover ボールポイント目打
    トラプント&ブティに使用される先が丸い目打ちです。
     

     

    5、チューリップの先丸目打ち

    先が尖らず丸くなっており、極細の目打ちです。丸く細いため、ペーパークラフトにも使用できる目打ちです。持ち手はグリップがついており、握りやすいデザインです。

    目打ち
    チューリップ クッショングリップ付き先丸目打ち
    先が丸い極細の目打ちです。
     

     

    先が曲がっている目打ち

    6、Cloverのカーブ目打ち

    先が適度にカーブしている目打ちです。カーブの具合が布にしっかりフィットしてミシンがけの布押さえに最適な形です。持ち手にグリップもついており、滑りずらいデザインです。

    目打ち
    Clover Nカーブ目打 
    先がカーブしている目打ちです。
     

     

    フォークのような形の菱目打ち・平目打ち

    7、D-drempatingの菱目打ち

    4種類の菱目打ちがセットになっています。シンプルな形ですが、ハンマーで打ちやすいようにヘッドは平らになっており、強度が強い菱目打ちです。

    目打ち
    D-drempating 菱目打ち
    4種類のセットでシンプルなデザインの菱目打ちです。
     

     

    8、Active Islandの平目打ち 

    3種類のセットになっている平目打ちです。レザーにかがり縫いを施す際に使う平目打ちで錆びにくいステンレス仕様です。刃幅が2.5mmと3mmの2種類から選ぶことが出来ます。

    目打ち
    Active Island 平目打ち 
    3本セットで、錆びにくいステンレスの平目打ちです。
     

     

    まとめ

    ハンドメイドの便利道具目打ちについてまとめました。目打ちは種類がいくつもあり、使い分けすることで多様な使い方ができます。種類が多い分選ぶ時は大変ですが、自分に合った目打ちを見つけてみてくださいね。

    特集・まとめ