ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ようこそ、ハンドメイド教室紹介ポータルサイトFECYへ!

フェイスブックで新規登録 Googleアカウントで新規登録

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ログインしてお気に入りのハンドメイド教室を探そう!

フェイスブックでログイン Googleアカウントでログイン

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

生花からハーバリウム!花の乾燥方法と作り方の手順

お気に入りの生花からハーバリウムを作りたい!そんなニーズに応えるため、今回は生花をハーバリウムに使えるようにするための加工方法をを解説します。これを真似てあなただけのハーバリウムを完成させましょう。

生花ってハーバリウムに適さないの?

生花でハーバリウムを作る

ハーバリウムは瓶のなかにオイルとドライフラワーを入れてアレンジする新しいお花の楽しみ方です。光を浴びたお花がゆらゆらと美しいハーバリウムは、命ある花をずっと大切にしたいと思う人の間で大人気!作り方も意外と優しいので最近ではワークショップなどでハンドメイドを楽しむ人が増えています。

出来上がりを美しく、そして長持ちさせるために一番大切なのが中に飾るお花選びです。水分が多い生花はどうしてもカビが生えやすくてそもそも長持ちしませんよね。実はハーバリウムも同じなんです。乾燥したドライフラワーでも水分が残っていることがあるので注意が必要です。水分が残っているとオイルに浸しても長持ちしにく、残念なことに色落ちも早くなってしまいます。ですからしっかりと乾燥できたドライフラワーを選ぶことが大切です。

もちろん使う瓶も煮沸やエタノールでしっかり消毒をしておきます。準備が整ったらあとは思いのままにアレンジするだけ!ハーバリウム作りを楽しんでみてくださいね。

生花を乾燥させよう!

ドライフラワーに適している花

まずはどんな花がドライフラワーに向いているかお伝えします。花の種類によって花びらや葉の形やもともと含まれる水分の量が違いますね。当たり前ですが水分が少なくて乾燥しやすい花がドライフラワーに適しているのですが、飾るときにはやはり色合いや質感も大切です。色褪せが少なくて、乾燥中に崩れにくい花を選ぶと失敗が少ないでしょう。

一般的にドライフラワーに選ばれる花は…

  • バラ
  • ラベンダー
  • 千日紅
  • マリーゴールド
  • かすみ草
  • スターチス
  • ミモザ
  • アジサイ

などです。ハーバリウムは瓶などの限られたスペースで使うので、色味の鮮やかな小花が選ばれることが多いようです。

もっともメジャーなハンギング法

 

serendipity_flowerさん(@serendipity.flower)がシェアした投稿

お花選びが終わったら実際に乾燥作業に入ります。ドライフラワーにするのに最も一般的なのがハンギング法です。いわゆる自然乾燥法のひとつですが、水揚げをしっかりした後に1本ずつ、若しくは束ねて逆さに吊るすだけ!

とても簡単♪お花屋さんでもよく見かけますよね。吊るす場所は直射日光が当たらず風通しが良いところならどこでもOK。あまり考えず手軽に出来できるので初心者にもおすすめです。

乾燥するまでには1~2週間ほど日数がかかります。早く乾燥させるために余分は葉を取り除いておくといいですね。仕上がった後の使うタイミングに合わせて作業し始めるのがポイントです。

ドライインウォーター法

 

Yukina Komotoさん(@yukinakomoto)がシェアした投稿

ドライインウォーター法も作業はとても簡単です。その名の通り、お水の中に茎をさしたままゆっくり乾燥させる方法で、小花がたくさんついたかすみ草やアジサイなど、茎や花首が曲がりやすい花に適しています。

方法は花瓶に数センチの水を入れ花を挿すだけ、あとは自然にお水がなくなって乾燥していきます。逆さに吊るすハンギング法より花のしぼみが少なく、葉や枝も自然に仕上がるので好まれています。こちらも1~2週間ほどで出来上がります。

シリカゲル(乾燥材)を使った乾燥法

 

🌳kinomi🌳さん(@mkmzn07)がシェアした投稿

次にシリカゲルを使った埋没乾燥法をご紹介します。準備する物はドライフラワー専用のシリカゲルと密封容器です。

まず密封容器にシリカゲルを敷き、茎を少し残してカットした花をその上に置いていきます。この時、バラ、千日紅など上を向いている花は上向きに、花びらが大きく開いているものは下向きに置きます。花びらが折れないよう間にもシリカゲルを入れながら、最後は花が見えなくなるまで敷き詰めてしっかり蓋をします。

水分の少ない花は数日、多い花は10日ほどで乾燥します。シリカゲル法は色鮮やかに、より生花に近い状態に仕上がるので贈り物用に使われることも多いですね。

すぐ乾燥させたいなら電子レンジ!

もっと短時間でドライフラワーを作りたい方は電子レンジをおすすめします。驚くほどあっという間にできますよ。

花を選んだら、まずは葉を枝を取って汚れをキレイに落とします。たまに虫がいることもありますのでチェックは念入りにしてください。耐熱皿の上に重ならないように花を置き、ラップをかけずそのまま電子レンジにかけます。ここでは欲張らず花を一回に少しずづ並べるのがポイントです。

まずは600Wで1分から始めましょう。花によって乾燥するのにかかる時間が違うので、少しづつ様子を見ながら30秒を繰り返します。ちょうどいい具合に乾いたところで取り出し、自然に熱を冷まします。だいたい1日経てば完成です。電子レンジである程度乾燥させてから、数日自然乾燥して仕上げることもできます。

ハーバリウムの作り方

では実際に作っていきましょう。

<準備する材料・道具>

  • 専用オイル(ミネラルオイル)
  • 蓋付きの瓶
  • ドライフラワー
  • 花切りハサミ
  • 長めのピンセット
  • ドライヤー
  • 消毒液

<瓶選び>

瓶は一般的には四角すい型や円すい型が好まれますが、他に丸スキットル型などもあります。飾る場所やバランスを考えてお好みを選び、使用前には必ずしっかり消毒します。

<花を入れる>

瓶の中でアレンジするドライフラワーはお花の長さや色味も大切です。ドライフラワーは色のトーンが低めですが、オイルに浸すと光が当たって明るく光って見えるので、出来上がりがどんな風に見えるか瓶の中で絵を描くように想像しながらピンセットを使ってお花を入れていきましょう。オイルが浸透しやすい花を下の方に、浮きやすいお花を上の方に入れると失敗が少なくなりますよ。

pin

<オイルを入れる>

最後にお花が埋まるほどの高さまでオイルを入れていきます。途中、下の方のお花入ったところで一旦オイルを入れておくと、お花が動きにくくバランス崩れが少なくなります。オイルを入れ終わったらしっかりと蓋をしめて出来上がりです。

pin

まとめ

ハーバリウムは、いつかは枯れてしまう命ある生花を、少しでも長く美しい姿のまま愛しみたいという気持ちを大切にしてくれます。

贈り物でいただいたお花をドライフラワーにしたり、旅先で出会った貝殻や石をアレンジのアクセントにすれば、大切な思い出や季節の出来事ももっと輝いていくでしょう。とても素敵ですよね。窓からの光に包まれてゆらゆら輝くお花たちがそっと話しかけてくれそうです。あなたもハンドメイドのハーバリウムを楽しんでみませんか。

特集・まとめ