ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ようこそ、ハンドメイド教室紹介ポータルサイトFECYへ!

フェイスブックで新規登録 Googleアカウントで新規登録

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ログインしてお気に入りのハンドメイド教室を探そう!

フェイスブックでログイン Googleアカウントでログイン

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

「サシェ」の香りで癒されよう♪基本の作り方とアレンジ8選

乾燥させた花やハーブなどを袋に詰め込んだ匂い袋であるサシェはカバンに付けて持ち歩いたり、クローゼットや靴箱などに入れて消臭効果を発揮させたり、使い勝手が良いアイテムです。今回はサシェの基本的な作り方とアレンジ方法についてまとめます。
  • youtube
  • instagram
  • サシェ

    サシェとは

    サシェとはフランス語で乾燥させた花やハーブを詰め込んだ袋を指します。日本では匂い袋や香り袋などと呼ばれて親しまれてきました。自分の好きな布袋に好きな香りを詰め込んで持ち歩いたり、クローゼットや部屋に吊るして香りを楽しんだりするもので、市販もされていますが簡単に作ることができるためハンドメイドされる方が多いです。本来の花やハーブを詰め込んだ袋という意味にプラスして、最近ではアロマオイルなどで香りづけしたサシェも多く作られています。

     

    サシェの種類と材料

    布袋

    まず欠かせない材料が布袋です。形や色などは自分の好みの布や余った布端を使って作ります。留めるための紐もリボンや紐などどんなものを利用しても大丈夫です。布の素材についてはサシェに最適なのは「リネン」だと言われています。リネンがおすすめの理由は特徴にあります。

    <リネンの特徴>

    • 水分の通気性と吸湿性に優れている
    • 中身の香りを発散しやすい
    • 防カビ性に優れている
    • 洗濯で汚れが落ちやすい
    • 丈夫で長持ちしやすい

    布袋をどんな素材で作るか迷った時はリネンを選んでみてください。

    サシェ
    リネン布
    綿混合のコットンリネン布です。耐久性が高い、天然素材です。
     

     

    サシェ
    綿麻生地布
    天然繊維からできた綿麻生地で、10色以上のカラーバリエーションがあります。
     

     

    香り付けするモノと事前準備

    サシェは中に入れる香りつけするモノによって大きく3種類に分けられます。

    1. ドライ状のお花やハーブを詰める
    2. アロマオイルなどを染み込ませたコットンを詰める
    3. 天日干ししたコーヒーかすを詰める

    それぞれについて紹介します。

    <ドライ状のお花やハーブを詰める>

    ドライフラワーは香りをほんのり優しく付けたい方におすすめです。サシェによく使われるお花としてはラベンダーやハーブがあげられます。詰める時にはドライフラワーの状態にして詰めると良いです。香りを強く付けたい時には、同じ種類のアロマオイルを垂らしたコットンを入れると良いです。ドライフラワーの作り方はこちらを参考にしてください。

     

    <アロマオイルなどを染み込ませたコットンを詰める>

    強い香りを付けたサシェを作りたい方はアロマオイルや香水を使うことがおすすめです。ドライフラワーでは出せない様々な香りをつけることができます。コットンに香りを染み込ませて、布袋に入れます。アロマオイルを効用で選びたい方はこちらを参考にしてください。

     

    <コーヒーかすを詰める>

    コーヒーかすは除湿・消臭・防虫効果があると言われています。そのため、コーヒーかすを詰めたサシェは靴の消臭やクローゼットの除湿などに使うことができます。コーヒーかすは太陽の光で日光浴させて乾燥させておきます。

     

    その他に必要なもの

    • ティーパック用の袋
    • リボンなどの蓋をするための紐
    • 裁縫道具
    • コットン

     

    サシェの基本の作り方

    布袋

    布袋は四角い形のものは市販されていますので一から作るのは面倒だという方はこちらを使ってください。その他に、変わった形や柄付きなどの袋で作りたい方は、好きな形の袋を手縫いやミシンで作ります。

    サシェ
    Idealeben ジュエリー袋
    亜麻から作られた巾着袋で10色セットです。両絞りタイプで開け閉めが楽にできるデザインです。
     

    基本の作り方

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    𝒌𝒊𝒌𝒐(@kikokikokikooo)がシェアした投稿

    1. 準備した香りづけのモノをティーバック用の袋に入れます。
    2. 布袋にこの袋を入れます。
    3. リボンなどで蓋をして完成です。

     

    アレンジ8選

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    ꕤ𝙺𝚊𝚝𝚊𝚋𝚊𝚖𝚒ꕤ(𝚌𝚑𝚒𝚑𝚒𝚛𝚘)(@___katabami)がシェアした投稿

    パッチワークのようなデザインのサシェです。ユーカリが詰められているそうです。布と布を縫い合わせるだけで素敵なデザインの布袋になりますね。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    レースとビーズとお花で作るアクセ&雑貨*ラ·プティ*(@rs_lapetit)がシェアした投稿

    ラベンダーのサシェです。レースがたくさんあしらわれた布袋はおしゃれでやわらかい印象になりますね。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    a happy-gardener(@nekota.n)がシェアした投稿

    布袋の生地が染物のラベンダーサシェです。絶妙な色合いが味わい深い作品です。染物は一つ一つに違った味を出すことができ、素敵ですね。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    プリザーブドフラワー ✿ chouchou ✿(@chouchou.8)がシェアした投稿

    消臭や防ダニ効果があると言われるヒノキチップを使ったサシェです。布袋には花が付けられており、華やかな作品ですね。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    お針子nana(@nuinuicikcik)がシェアした投稿

    袋ではなくテトラ型のサシェです。布袋には刺し子が施され、飾りにタッセルも使われています。様々なハンドメイドを組み合わせたこだわりの詰まった作品ですね。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    nana_embroidery_works(@nana_embroidery_works)がシェアした投稿

    こちらもテトラ型のサシェです。中にはラベンダーが入っており、布袋にはラベンダーを持ったうさぎの刺繍がされているというとてもかわいらしい作品です。

     
     
     
     
     
    この投稿をInstagramで見る
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    おケーコ・バイキングTea-Factory(@okuyamayumiko)がシェアした投稿

    クリスマスツリーの形をしたサシェです。作品のように好きな形に布を切って香りモノを詰めるとオリジナル感の溢れる作品が作れますね。

    まとめ

    匂い袋「サシェ」についてまとめました。自分で作った布袋に好きな香りのモノを入れて、持ち歩いたり部屋に飾ったり、目でも鼻でも癒される素敵なアイテムサシェをぜひ作ってみてくださいね。

    特集・まとめ