ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ようこそ、ハンドメイド教室紹介ポータルサイトFECYへ!

フェイスブックで新規登録 Googleアカウントで新規登録

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

ログインしてお気に入りのハンドメイド教室を探そう!

フェイスブックでログイン Googleアカウントでログイン

ハンドメイド教室紹介ポータルサイト FECY

棒針編みの基本をマスターしよう!メリヤス編みの編み方

『メリヤス』はスペイン語とポルトガル語で靴下という意味の単語から生まれた言葉です。メリヤス編みは伸縮性があるため、文字通り靴下に使われたり帽子や手袋、セーターやTシャツにも使われる棒手編みの基本の手法です。これから棒編みを始める方にぜひ挑戦していただきたいメリアス編みについてまとめます。

メリヤス編み

メリヤス編みとは

メリヤス編みはシンプルなニットやTシャツに多く使われており、表面は三つ編みやハート型のような模様がたくさん並んでいるように見えます。裏側はうろこのように糸が横に渡っているのが特徴の編み地です。メリヤス編みは棒針編みの基本となる編み方で、行きを表目、帰りを裏目で編み進めます。基本の編み方ではありますが、糸を数段ごとに変えればボーダー模様になるなど、複雑な編み込みも基本はメリヤス編みです。メリヤス編みを覚えておけば何通りもの作品を作ることができるようになります。

 

メリヤス編みの特徴

編み地

メリヤス編みは表面に凹凸のないツルッとした編み地です。Tシャツに使われている編み方でもあるため横に引っ張ると少し伸縮して、縦には伸びにくいです。

メリット

・糸同士が重ならないため糸の特徴がはっきりと出ます。

・編み方によってその糸の良さが出にくいことがあるために毛糸によっては編み地を選ぶものがありますが、メリヤス編みはどんな毛糸とも相性が良いです。

デメリット

・編みはじめや編み地の端が丸まりやすいことが最大のデメリットです。どんなに丁寧にアイロンをかけても、編み地の特徴から仕方がないため、時間がたてばくるくると丸まってしまいます。

 

メリヤス編みの編み方

用意するもの

・棒針

作りたいものによって棒針の長さや太さを変えます。

作り目が30~50くらい必要なマフラーなどを作るときには、棒針は長いものを使用します。

メリヤス編み
ハマナカ アミアミ 特長 4本針 長さ30cm 
30cmある棒針です。3号から15号まで太さのサイズがあります。
 

 

作り目が少なく、作品も小さめのコースターなどを作るときには、短い棒針がおすすめです。

メリヤス編み
Clover クロバー棒針「匠」16cm 
16cmの棒針です。針先が尖りすぎず丸すぎずの絶妙な加工で、毛割れしにくいデザインです。
 

・毛糸

ボリュームをつけた作品を作るときは太めの毛糸がおすすめです。

メリヤス編み
DARUMA メランジスラブ 毛糸 超極太 
ウール100%の極太毛糸です。ザクザクと編み進めたい方におすすめの毛糸です。
 

 

小さい作品で、細かい編み目をたくさん並べたい場合は細めの毛糸がおすすめです。

メリヤス編み
ハマナカ ウォッシュコットン クロッシェ 毛糸 合細
綿64%、ポリエステル36%の細い毛糸です。10色のカラーバリエーションがあります。
 

 

・閉じ針

メリヤス編み
ハマナカ 毛糸とじ針 6本セット 
針の長さや穴の大きさで6種類のサイズがセットになったとじ針です。1セットあれば、太い毛糸も細い毛糸も対応できます。
 

メリヤス編みの編み方の基本

メリヤス編みは往路を表目、復路を裏目で編みます。表目と裏目の編み地の特徴を覚えておくと、編んでいる間にどちらを編んでいるかわからなくなった時に、修正できます。

棒針編み

まず始める際の作り目・表目・裏目についての基本はこちらの記事を参考にしてください。

メリヤス編みの編み方を動画で説明します。

メリヤス編みをきれいに編む際のポイント

・途中で裏なのか表なのかわからなくなってしまうこともありますが、編み地をよく観察し、編み地がついている棒を左手に持ちます。そして見えている編み地が表編みか裏編みかを確認するとどちらであるかの見分けがつきます。

・編む際は適度に引っ張りながら編みます。目がきれいに並ぶように編むときれいな編み目になります。

・編むときに「ハ」の字のような形で棒針を持ち、動きを小さめにすると編む効率が上がります。

丸まりを抑える方法

少しでも丸まりを抑えるために、よく使われるのは『すべり目』です。すべり目の編み方は。行きの表編みをするとき左右3目ほどを編まずに右の針に移します。帰りの裏編みは普通に編みます。すべり目を挟むことで丸まりにくい編み地ができます。

 

メリヤス編みを使った作品集5選  

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kazulisaknitting(@kazu.lisa.2525)がシェアした投稿

編み物の基本マフラーです。ふわふわのファンシーヤーンなら丸まってもかわいいマフラーになります。カラフルなネップときれいなグラデーションが着こなしのポイントになりそうです。糸の持っている表情もメリヤス編みだとよくわかりますね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ころにわ(@koroniwa3)がシェアした投稿

編みっぱなしだとくるんと丸まってしまう編み始めも、それを生かして作品にすると素敵な作品になりますね。帽子のかぶり口に丸まった編みはじめを使えばこんなにかわいい作品になります。上部はグラデーション糸で切り替えて、アクセントになっていますね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

にっぽ🇯🇵ろまにょーら🇮🇹(@nipporomagnola)がシェアした投稿

メリヤス編みの靴下です。何色もの毛糸で編んであり、パステルカラーのカラフルな可愛らしい靴下ですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@chimakodolがシェアした投稿

メリヤス編みは組み合わせ次第で、編み込み模様もできます。かわいいくまの編み込みがアクセントになっている作品ですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

編み物好き 西澤真由美(@mayuminishi)がシェアした投稿

編み物の中でも難しいセーターですが、さらに模様が素敵な作品ですね。毛糸の色合いや質感を変えてメリヤス編みだけでも素敵なセーターですね。

まとめ

棒針編みの基本メリヤス編みについてまとめました。棒針編みを始めたばかりの人にとっては基本ですが、奥深く組み合わせ次第でバリエーションに富んだ編み地ができます。糸の種類を選ばないオールマイティーな編み方であるのもメリヤス編みの良いところです。ぜひ、メリヤス編みをマスターして、棒針を楽しんでください。

特集・まとめ